2019年06月01日

今日は「ゴジラ キング・オブ・モンスターズ」を観に外出しているのですが、あまりにワクワクが止まらなかったので、映画館に上映1時間前に着いてしまいまして。

まぁそれは仕方ないので喫茶店で時間を潰しつつ、映画への期待で胸を膨らませていたのですが。

映画館がビジネス街のど真ん中にあったからなんでしょうね。
土曜日だというのに周りにはスーツ姿の若きビジネスマン&ウーマン達がタブレットで資料作ってたり紙の資料に赤ペン引いてたりしていて、翻って自分はアロハシャツでワクワクしながらゴジラの上映を心待ちにしているという状況で温度差のあまり風邪を引きそうになってました。

若人よ、これが大人だ(パンフレットをウキウキで広げながら)


kannbaramotono at 12:47|PermalinkComments(0)

2019年05月23日

30歳になった藤宮さんということで、最近とみに年取ったなぁと思うこと多しなんですが、特に感じるのが「興奮しない状態で勃起しなくなった」ことで。
ああ、もう若くないんだなぁとしみじみしていたんですが、最近では水音が聞こえると耳舐めの音声に空耳して勃起したので、なんだまだイケるじゃん!若い若い!となったのです。
性癖が歪んでいるというインシデントはそのままの状態なんですけど、それはまぁ、治るもんでもないし、いいかな…って。


kannbaramotono at 22:39|PermalinkComments(0)

2019年05月12日

ワイシャツの首元とか袖って黒ずんでいくじゃないですか。
長年着ている物なんかは特にそんな感じで。
僕自身はあまり汗をかくほうではない人間なのですが、それでも黒く染まっていく首元。
ホントみっともないのでなんとかしなきゃと思ってたんです。

で、ネットで色々調べてみるとウタマロ石鹸的な石鹸を擦りつけてゴシゴシ揉み洗いすると良いとか。
ものは試しと買って実行してみると、なんとみるみるうちに黒ずみが目立たなくなっていくではないですか。
コイツぁすげぇやと言う事で調子にのってワイシャツをすべて、石鹸つけては激しくゴシゴシしてたらまぁ指の皮膚がベロベロに破けて悲惨なことになりますよね。

こうなるって、こうなるって分かってたはずなんだ…
小学校3年の時に上履きをタワシで洗ってたら指ごと磨いてて手がすり減ってたあの時と全く同じじゃないですか…
ていうか僕10歳の時から全く成長してないんだな…(今年31になります)


kannbaramotono at 21:46|PermalinkComments(0)

2019年04月15日

突然ですけど、この人(2019年4月10日の日記)僕のこと好き過ぎやしないか。

という訳でココ最近の僕の近況を余すところなく解説してくれたマイナスのたくろうさんです。
今どき各記事のパーマリンクが存在しないテキストサイトを運営するというロック極まるお方(最大級の賛辞)で、最後にお会いしたのマジで何年前だっけ……?10年前とかじゃねえ?っていうくらいの古いネット友達です。ネット友達っていう響きがもう既に色々と懐古。

とりあえずあれだ、僕の初代ブログの名前を出すのはもうやめてくれ。
色々と限界なんだ。羞恥心が。

kannbaramotono at 08:54|PermalinkComments(0)

2019年04月10日

今日は週の中日にもかかわらず通勤途中に3ヶ所のゲロポイントを見てしまったので、なんかもう一周回って運気がいいんだと思い込むことにしました。助かる〜(座った目)

kannbaramotono at 10:25|PermalinkComments(0)

2019年03月27日

近所に結構な長さの坂道があるんですけど、今日の帰宅途中に通りがかったところ、カップルがいまして。
男のほうは自転車立ち漕ぎ、女のほうは普通に歩き、という体制で楽しげに談笑しつつ登っていったので、男くんめちゃくちゃ頑張ってんなっていうか、これが愛の力か…って感じで砂と化して崩れ落ちる悪役の気持ちがちょっとだけ分かりました。


kannbaramotono at 18:41|PermalinkComments(0)

2019年02月23日

ところで先日のバレンタイン、皆さんはチョコもらいましたか?

え〜〜〜?こんな質問するって事は分かっちゃう?
いや〜〜〜〜悪いね〜〜勝っちゃって!
そう、藤宮さんはチョコ貰っちゃいましたよ!

っかー!つれーわー!
敗北を知りたいわー!








IMG_20190223_000236

バイト先のコンビニマネージャー(70代)から頂きました。


……………ありがとうございます(美味しい)


kannbaramotono at 00:04|PermalinkComments(0)

2019年02月13日

あれは藤宮さんがまだ小学校低学年、世間がリアル世紀末だった頃の事なんですが。

高熱がでたので学校を休み、テレビのある居間で布団かぶって、熱にうなされながらぶっ倒れていたんです。

そんな状況下で観た真昼の夢の話。




僕は空を飛んでいました。
どこに向かって飛んでいるのか、そんなこと分かりはしません。

何故なら後ろ向きに飛んでいるから。
自分でも制御できない状態でただひたすら飛んでいます。



そう、飛んでいます。


ち〇こからよく分からない固形物を射出する勢いを利用して飛んでいます。


しばらく飛んでいたのですが、いい加減固形物を出すのも疲れたし、何より割と本気で固形物出すのに痛みというかつらさがあるので止めたいのですが、止めたら空から落ちてしまうので止めるに止められません。

小学生ゆえに好奇心旺盛だった藤宮さんは、百科事典で飛行機の翼は風を利用して飛んでいることを知っていました。

あまりに固形物の勢いまかせの状態がつらいので、少しでも負担を減らそうと、手と足を翼代わりにして浮こうと考えました。

その結果大の字、いや土の字になって股間から固形物を噴射して尻から飛んでいく形となります。

しかし、現実は非情なもので、遂に噴射力にノズルが耐え切れなくなった僕は墜落し、腰を強かに打ちつけ………
そこで、目をさましました………








こう、あれですね、こうして文章化してみるとマジで悪夢としか言いようがないけどこの、なんだろうこのハンパない頭の悪さ。


kannbaramotono at 22:39|PermalinkComments(0)

2019年02月09日

僕の耳垢はねばねばタイプでして、もっぱら綿棒で耳掃除をするのですが。
汚れが付着した綿棒のニオイがふと気になってなんの気なしに嗅いでみたところめっちゃ塩素のニオイがしたんですが、これはもしかして人間ではなくなってしまったという事なんでしょうか。


kannbaramotono at 00:10|PermalinkComments(0)

2019年01月25日

コートのポケットにスマホを入れて全力疾走すると一歩ごとにスマホがゴールデンボールを強かに打ち据えてくるという教訓、30になって初めて得ることが出来ました。人生ってやつはこれだからたまらねぇな。

kannbaramotono at 09:43|PermalinkComments(0)