僕がブログを始めようと思ったきっかけは往年のテキストサイト全盛期に影響されたからなんですが、当時、つまりまだブログを書いていなかった時期と現在とで何が一番変わったかというと「眼が肥えた」です。

つまり、「読む側」だけでなくて「書く側」の視点もできるようになったということです。俺パンさんとか昔はそんなに好きじゃなかったのにね。今読むとその凄さがよーく分かります。日記の理想形じゃんこんなの。


しかし、これは何もいいことばかりってワケでもなくて、自分に書けない文章を書いているサイトを読んでも嫉妬の感情が出てきて素直に楽しめないっていう部分もあったりするんですよ、これが。
なんというか、技術も、ノリも、何もかもが自分では到底追いつけないと自覚してるぶん余計に、って感じです。ワカラサレター






え?文章力が劣ってるのが嫌なら自分を鍛えろ?それはちょっと。