2010年05月22日

「キャーちかーん!(笑)」と電車内で女性が騒ぐだけで無実の男性の人生が終了するこのくそったれな世の中なんですが、ここまでくるともうセクシャルな服に対して恐怖感すら沸き上がってくる。

ちょ、ちょっと待ってよ!やめてよそういうの!
なんで街中でいきなりスカートはいたりしてるんだって!
っていいうリアクションをとりかねない。今の僕なら。

じゃあ、そんな今の僕が超絶エロス下着や半脱ぎエロスなど様々なニーズに答えたコスチュームの美女たち(15~35歳)の猛攻を受けたとしたらどうなるかというと、う、うわあああああやめろ!こっちによるな!あああだから胸元をさらに開けるなって!いやあああああああ!こ、困る!めっちゃ困ってるってば!とか言いながら超笑顔だと思う。えっと、うん、結局そんなもんだと思う。

kannbaramotono at 14:09│Comments(2)TrackBack(0)

トラックバックURL

この記事へのコメント


1. Posted by 野良   2010年05月29日 06:21
いやいや、もとのくんの守備範囲もっと広いでしょ
ゆりかごから墓場までっていうか外野を一人で守れるっていうか

2. Posted by もとの@管理人   2010年05月30日 03:41
>野良さん
いや、流石に外野を一人でっていうのは無理があると思うの。
ヤクルト青木くらいの守備範囲が妥当じゃね。十分広いですかそうですか。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔