2011年04月11日

知人が結婚式のスピーチを頼まれてご愁傷様二ノ宮くんになっていて、そんな彼を見ながら食べるご飯がとてもとても美味しいです。
もとのですこんにちは。


しかし、自称17歳の神原さんと言えども、戸籍上では20歳を越えている訳ですから、何時そういったスピーチの依頼が舞い込むか、分かったものではありません。
ぼっちだから依頼来ないだろとかそんな返答は求めてない。

きたるべきXデーに備え、今のうちからスピーチの内容をそれとなく考えてみておきましょうか。


やはり定番と言ったら3つの袋の話が有名でしょうか。

結婚生活を送る上で重要な事柄を袋に例えた話で、お袋・堪忍袋・たm 胃袋、この3つを大切にしなさいという、ド定番すぎて逆に最近あまり聞かれなくなったスピーチネタですね。






kannbaramotono at 08:32│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔