2011年09月20日

光吸収100倍の太陽電池を開発 岡山大

光の吸収率が従来のシリコン製の100倍以上の太陽電池を、岡山大大学院自然科学研究科の池田直教授のチームが「グリーンフェライト(GF)」と名付けた酸化鉄化合物を使って開発している。

この太陽電池はこれまで吸収できなかった赤外線も発電に利用できる可能性がある。

GFは粉末状で、土台となる金属に薄く塗る。1キロワット発電する電池を作るコストは約千円が目標で、約100万円かかる従来のシリコン製に比べて大幅に安い。パネル状になっている従来型では難しい曲げ伸ばしができ、煙突や電柱に巻き付けるなど設置場所は幅広い。




以上のようにちょっと何言ってるかよく分かんないですねレベルの技術が発表されまして、こんな深夜に胸の高ぶりが静まらんのだ!状態なワケなんですが。
いやーでもホント良かったわー。何が良かったかって、ソーラーパネル売る企業に内定もらえなくて本当に良かったわー。よ、良かっ・・・た・・・・・・(白目

kannbaramotono at 01:06│Comments(4)TrackBack(0)

トラックバックURL

この記事へのコメント


1. Posted by のら   2011年09月20日 08:40
医療衛生はどこにいった?

2. Posted by キャーポン   2011年09月20日 16:08
ソーラーパネルはオワコン

3. Posted by アンチャン   2011年09月20日 20:25
メーカーならまだしも卸になったらほぼ間違いなく飛び込みさせられますよ。

4. Posted by もとの@黒幕   2011年09月23日 11:18
>野良さん
どこに行ったんだろうね?
っていうかあまりリアルの情報出すなと言って(ry
>キャーポンさん
異論はあまりないです。
>アンチャンさん
まず内定が出ないと話にならなくてですね。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔