2011年12月12日

棒読みセリフに噴きそうになったりとかで違う楽しみ方もしたけど



ファッションショーに

行ってきました




オーケー、時に落ち着け非モテ同志。

このサイトにとても似つかわしくない単語が、喩えるならまんがタイムきららにゴルゴ13が連載しているかのごとき違和感を感じた方がいらっしゃるかと思いますが、残念ながら先日本当に行ってきてました。ファッションショー。


で、なんでいきなりそんな超ド級アウェーな死地に飛び込んできたのかといいますと、大学のゼミでお世話になってる先生から、別口で勤めている服飾大学で卒業発表のショーをやるんだけど来る?と誘われたから。
うん、仕方なかったんや・・・
ショーの後でゼミのOGと忘年会やるって言うから参加するしか選択肢がなかったんや・・・


正味な話、ホントはそんなオサレ空間に行く気はあまり無く、家で寝転がって買ったばかりのドロドロ姉モノのエロ漫画をじっくり吟味したかったかもというのが本音なのですが、前述のOGとの忘年会の件に加え、ファッションショー自体がミュージカル形式で仕立ててあるらしく、ファッションの事があまり解らなくても楽しめるかも?と感じたという事もあり、観てみる事にしました。






で、感想。



凄い良かった。


くるみ割り人形のストーリーに沿って、おもちゃの人形を、お菓子を、氷砂糖を、宝石をイメージした華やかな衣装を身にまとった演者たちがダンスを披露する。
失礼な言い方をさせてもらえるならば、思ったより十分楽しめたと思います。

特にドレスはどれもキャラクターの個性を存分に表現してあって、特にネズミの女王様なんかはその演技もあいまって素晴らしい存在感を舞台上で放っていました。三次元で踏んで頂きたくて体が熱くなったのなんて久方ぶりです。













で、帰ってから前述の買ったばかりのドロドロ姉モノのエロ漫画を読んだ所、これがまた凄まじく良い出来で大変素晴らしかったので、なんていうか、感動とかそんなもんどうでも良いかなって。(結論)

kannbaramotono at 01:04│Comments(5)TrackBack(0)

トラックバックURL

この記事へのコメント


1. Posted by ヨシノブ   2011年12月12日 03:55
いつものもとのんで安心した

2. Posted by アンチャン   2011年12月12日 18:17
ショー会場で姉物のエロ漫画を読んでたらもっと素晴らしい記事になったと思うだけに残念です!

3. Posted by キャーポン   2011年12月12日 19:00
タイトル変えたやろ

4. Posted by のら   2011年12月14日 10:50
(妄想から現実に)帰ったワケですね
わかります

5. Posted by kannbaramotono@campus   2011年12月15日 15:53
>ヨシノブさん
お前7年前から全然変わらねえなとリア充の間でも評判の神原さんです。
>アンチャンさん
スタンディングオベーションはしてましたけどね!
>キャーポンさん
さすがにキーボードをテキトーに叩いただけのタイトルはどうかなって思って。
>のらさん
どっちが現実なんだか分かったもんじゃねえな!

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔