2013年01月13日

自転車を取ってきた3 ~「りんこう」ってなんか響きがいやらしいよね~


自転車を取ってきた(1)  ~無理ゲーの予感~
自転車を取ってきた(2)  ~あの日の忘れ物を探しに~

↑ これの続きです。




―――――――――――――――――――――


自転車を取ってきた3 ~「りんこう」ってなんか響きがいやらしいよね~

 


神奈川から茨城まで対象を運び入れるために、当初は2つの方法を考えていました。

 

①運送会社に頼む
某運送会社に電話してみたところ、該当区間だと13,000円かかると言われました。
い、いちまんさんぜんえんってそれ新しく買ったほうが安いのでは。ていうかこの自転車買ったとき8000円だったんですけど。
サイクリングヤマト便なるものもあるようで、こちらは正規料金の30%ほどで済むそうなんですが、こちらは日本サイクリング協会の会員にしか使えません。だめじゃん(・´ω`・)

 

②直して茨城まで走る
概算距離で80キロあるって言ってんだろ。
正直キツ過ぎる。100kmウォークよりはマシだろとか言う人はガム踏めばいいと思う。
さらに言うと、実際にどの程度走れるのか確認できていない段階で、直す前提で動くのは正直バクチです。



う、うーん。

正直、1万3千円を支払うのは高すぎると言わざるを得ない。

さらに、①で自転車を分解せずに運んでもらおうとした場合、引越しと同じ扱いになるらしく、さらに高いお値段が予想されます。
ということは、自力で分解し、梱包しなくてはいけません。
拠点となる家があるわけではないこの場所で、きちんと梱包するのは至難の業です。

 

しかし、②の方法も問題は山積。

一応大学生活中に世話になった自転車屋があったので、そちらに頼もうと思えば頼めるのですが、このオンボロを、80キロ走れるようにレストアしてくれだなんて、一体いくらかかることやら。
車体の状態としては押して転がすことがかろうじて出来るレベル、を保っているのが奇跡、という段階なので、正直いくつかの部品を流用して新しい自転車組みなおしたほうが幾分建設的という感じです。

 

どうする、問題はあるが、やはり帰るとなると②の方法しかないか。

いやしかし、うーむ……

 

 

 

と、ミレニアム懸賞並みに答えの出ない難問に悩んでいた中、そういえば会社で暇つぶしにwikipedia見てた時、そういやあんな方法見たことあったっけ!と閃きが舞い降りました。矢木さん的に言えば電流が走った。

 

③輪行
輪行(りんこう)とは、自転車の乗員が自転車を公共交通機関を使用して運ぶこと。
分解し、専用の輪行袋に収納して持ち込む。輪行袋は数千円~1万円程度で、競技用自転車専門店などで購入可能。

(以上wikipediaより抜粋)

 

今回採用したのはこちらの方法。走れないんだったら電車で運べば良いじゃない。
分解して梱包する必要があるとはいえ、最悪車輪さえはずせればバッグに詰め込めるっぽいので、それくらいなら自転車屋にレンチとか借りれば自分でも出来ます。

バッグも一回のみ使用にしては痛い出費ですが、それでも運送会社に運んでもらう遥かに割安。
これだ。この方法しかない。


 

というわけで、新宿にある、とある自転車ショップに向かったのでした。




―――――――――――――――――――――


つづきます。

書いても書いても終わらないんですけどそれは大丈夫なんですかね。



kannbaramotono at 14:57│Comments(3)TrackBack(0) 企画 | 自転車をとってきた

トラックバックURL

この記事へのコメント


1. Posted by アンチャン   2013年01月13日 20:09
そんな面白そうな企画、アンチャンさんに言えば軽トラ持ってきたのに…

2. Posted by 光一   2013年01月16日 00:56
うわ……この後どうなったのか……
それより、電車の中で「その時間中ほとんど全てを音楽プレイヤーに入れていたエロボイスを聞いて過ごした」……ボリューム大丈夫でしたか?
外に漏れていて大変な事になっていたのを希望します♪

3. Posted by もとの@管理人   2013年01月16日 21:12
>アンチャンさん
人にネタを分けずに独占したかったので^^
>光一さん
通勤する時いつも聴いてます^^

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔