今日も今日とて電車のロングシートで肩に寄りかかってくるオッサンを妙齢の女性に脳内変換する遊びをしながら通勤する訳ですが、なんか今日は東日本を中心に大雪になるとか。
マジかよ。まだ全然降ってないんですけど。

ていうか、昨日の帰りの電車内で「6日は大雪っぽいから7割で運転するね☆」とか放送ではしゃいでたんで、相当警戒してるみたいっすね関係各社。

これだけ警戒態勢し過ぎな理由を考えると、やはり思い出されるのは成人の日。

あの日はあんだけドカ雪降ったにもかかわらず、事前の予報では「ちょっと霙なら降るかもね(はぁと」くらいの感じだったのを覚えています。
そこにあの十年に一度クラスの吹雪ですよ。恐らく気象庁の担当者は相当怒られたと思う。

つまり、今回の過剰ともいえる大雪への警戒は、担当者がビビってしまっているから、という説を提唱しますが、何だろう。それって凄く萌えませんか。(結論)