2013年11月17日

茨城空港のすすめ

関東地方の空港と言えば、羽田、そして成田が有名ですが、実はもう一つ関東圏に空港があることを皆さんご存知でしょうか?恐らく9割方の人は分からないと思います。
二つの空港の陰でひっそりと開港し、それなりに実績を残しつつもまだまだ先行きに不安が残りまくる空港、それが茨城空港です。
 
2013y11m16d_031208333


今回はそんな茨城空港を、元茨城県民としての使命感から宣伝記事を書いてみようと思います。
こう宣言しておけばステマにはならないから大丈夫ですよね(大いなる矛盾)




1 .沿革
もともと茨城空港は、百里飛行場という自衛隊の施設でした。
そこを「滑走路ふやせば空港になるんじゃね?」と偉いひとが考え、ひっそりと民間供用が始まったのが平成22年。
 
そのひっそりっぷりたるや中々のもので、開港がニュースになったのは開港前日になってからだったという噂があるくらい。少なくとも同じ茨城県内でも県南地区ではほとんど話題になっていなかったように思います。
ちなみに現在も、民間空港としての利用と同時に、自衛隊の飛行場としても利用されているため、空港の一部は擦りガラスなどで見えないような造りになっています。仕方ないね。


2 .就航路線
開港当初は韓国の仁川国際空港への便しかなかったというマジでイミフな体制でしたが、発着料金を羽田成田に比べて相当安く設定した成果か、現在ではスカイマークの神戸便、新千歳便、さらに上海へのチャーター便などが就航し、本数は少ないながらもそれなりに見栄えが付くようになったため、利用価値はそこそこはありそうと言えます。
さらには最近神戸経由で那覇便が就航したとか。やったぜ。
個人的には福岡とか小牧とかにも行ってくれたらもっとありがたいかなーなんて。
ゆくゆくの目標としては、首都圏第三の空港として、主にLCCのターミナルとして発展させたい…らしいです。どこまで本気なんだろう(暴言)


3.位置・アクセス
一番の問題がこれです。
まずは空港の周辺概略地図をご覧ください。

2013y11m16d_023603811

電車がありません。

最寄り駅の高浜駅・新鉾田駅から10km以上離れています。陸の孤島もいいとこです。
昔は電車が近くを走っていたのですが、とっくの昔に廃線になっています。
そもそも東京方面から新幹線もない茨城中部まで鉄道の移動をしようなぞ無謀そのもの。
特急のスーパーひたちだけは鉄道の中でも別格に早いですが、そもそも高浜駅を通過します。
 
地方空港まで鉄道が走ってないなんてよくあることとはいえ、それにしてもこんな状況では東京方面からの利用者どころか、近隣からの利用者すら望めないのでは…と言いたいところですが、実際はそうでもありません。たぶん。
詳しくは後述。


4.利用価値
前項で電車アクセスが終わっている話をしましたが、それを補うようにバス路線が充実しています。
水戸からは40分、つくばからは50分、さらに東京駅からの高速バスで100分と、それなりの時間でアクセスできる路線がいくつかあり、都内から成田までスカイライナーで40分、普通料金で60分かかることを考えれば、時間的にも割とアリのような気がしないでもない感じがあります。少なくとも大分空港よりは大分マシだと思う。

さらに、東京駅からの高速バスの料金は、飛行機利用者に限り半額の500円という格安設定。足が出るとかそういう次元じゃない。LCCの利用でさらに料金が浮くことも考えれば、東京方面からの茨城空港利用も選択肢として十分考慮できるレベルなんじゃないかと思います。
 
自家用車でのアクセスも問題なく、駐車場はなんと1300台ぶんあり、それを無料で利用できるという太っ腹。
高速道路も東関東自動車道の盲腸線が延びており、周辺地域からの利用がしやすいというのは大きな利点と言えるでしょう。
ちなみに、渋滞なんてまず起こらないので時間的な部分も安心です。

そもそも、茨城含め北関東は空港不毛地帯であることを考えれば、そこの住民からの利用という意味で立派に地方空港としての需要は見込めます。
たとえば、新幹線がある宇都宮から神戸に行くときも、新幹線を乗り継ぐより自動車で茨城空港経由のほうがかかる時間は一時間ほど早いです。車は疲れる?若さが足りないんだろ(適当)
 
さらに言うと、東京方面はともかく、東西の行き来を鉄道でするには水戸線(笑)に頼らざるを得ないこの地域、加えて茨城は関東有数のモータリゼーションの進んだ地域であるため、そういう意味では、この自動車アクセス手段の豊富さは現状に即した対応と言えるのではないでしょうか。もっと宇都宮とか古河直通の高速バスを走らせればいいと思うんですけど。


5.結論
神戸や札幌や沖縄へ旅行する時は茨城空港使ってください。何でもしますから。



kannbaramotono at 00:30│Comments(0)TrackBack(0) まじめ 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔