2013年12月24日

【連続更新】自己矛盾と首尾一貫が巡りゆく世界を以下略

いうてクリスマスにネットにかじりつくのって普通な感じになりましたよね。

いや、まぁ色々突っ込みたい部分は多々ある感じなのは自分でもうすうす(3mm)感じている部分ではあるんですが、昔、と言っても十年以上前の話ですが、当時に比べたらクリスマスでも情報を発信する人というのは格段に増えている感がありますよね。
twitterとかもそうですし、生配信なんかも身近になりましたし。

だって今更新しててもニコ生の放送をラジオ代わりに、twitterのポップアップを横目で見ながら更新してますから、 神原さん個人としてもこう、ひとりぼっちで頑張ってる感があまりない。そして彼らは別にクリスマスだからという理由で企画として団結しているわけでもない訳です。

そう考えると、べつに対して神原さんも痛くない感じになりつつあるってことなんですかね。
むしろようやく世界が我々に追いついたということです。君ら遅いよ?僕とかもう6年くらいこれやってるのに今更かい?ハハッ(半笑い




・・・・・・・・・この結論で本当に良かったのか。
 

kannbaramotono at 20:14│Comments(0)TrackBack(0) 2013クリスマス 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔