2009年12月

2009年12月15日

図書館で勉強しようと思いました。


我が学舎(まなびや)の図書館には学習机の小さいものが10台程設置してあり、学生たちはこの個人机の争奪戦に日々火花を散らしているのです。

なにしろこの机を使用出来なければ、隣にある両面20がけの長机を使わなくてはならないワケで、その集中しやすさたるや段違いですからね。そりゃ競争も激化するってもんです。


















で、本日はその個人向け学習机を無事にゲットできたのはいいのでが、その場所から少し手を伸ばした所が『フリーターとニートの社会学』だの『ワーキングプア』だの『年金数理概論』だのといった、いわゆる社会科学の書棚であったために著しく集中力を削がれる結果となったワケなんですけど、これはアレか。
人によっては、というかいわゆるリア充と呼ばれる人には効かないトラップみたいなアレか。
自分に自信が持てず、将来に不安を抱える僕みたいな学生ニートをピンポイント爆撃するっていうアレか。

kannbaramotono at 13:28|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年12月14日

本日は
某新刊ラノベを買った、とか
箱みかんをもうすぐ食べきれる、とか
学食の和風ラーメンっていうのをたのんでみたら単なるうどんつゆの流用だった、とか
新しく手袋をおろした、とか
色々とうまくネタに昇華出来そうな出来事があったのですが、それらすべてが久々に本気出して勉強した反動の疲労に押しつぶされているので、今日は非常に遺憾ながら手抜き更新ですませたいと思います。許せ。

kannbaramotono at 21:41|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2009年12月12日

左足だけ筋肉痛なのですが、この話を展開していくとどうやっても下ネタになるので会話のネタに使える場面が限られるというのが辛い所です(沈黙が)。

kannbaramotono at 13:33|PermalinkComments(5)TrackBack(0)

2009年12月10日

ポテチやおかきなどを食べ終わった後、袋に残ってる粉が好きだ。


大概においてこの粉と言うやつは塩分が多めで、食べると健康に悪いという感触がびんびん物語であるのだが、それでもやめられない止まらない。小さい頃はスナック菓子を食べさせてもらえる機会が希少だったので、もったいないという思いから食べ始めたものが習慣づいているというのももしかしたらあるかもしれない。

しかしこの粉、食べる際にその方法については極限にまで砥ぎすませた集中力、そして理論的、経験則的に理のかなった食べ方を用いて挑まなければならない物でもある。
ひとたび失敗してしまえばそれこそ目も当てられない。
悲惨な状況に陥ってしまう諸刃の剣でもあるのだ。



もうこの部屋では絶対食べない。絶対にだ。
(絨毯に掃除機をかけながら)
(泣きながら)

kannbaramotono at 22:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年12月09日

最近、ビッチ幼女がアツイんですよね。



あ、い、いや、ちょっと待て!通報は待って!
大丈夫だから!HANZAIは犯してないから!性的な意味でも犯してな(ry


ドMで年上好き、というのが今までの僕に対する皆様のイメージなのではないかと思われます。というか実際にそうだったのですが。
ですが最近、なんというか、ホラ、一流のドMは一流のドSを兼ねるとかよく言うじゃん?あんなカンジの現象が僕にも起こり始めてきていると言いますか。これが・・・成長か・・・・・・

昔は自分の年下キャラやビッチキャラというのは正直あまり素直に萌えられないっていう部分があって、それこそ無理して抜いていたっていう所がなきにしもあらずだったので、これは素直に嬉しいと感じています。ネタも増えたし。
もちろん大人のお姉さんも幼馴染も男の娘も学校の先生も今まで通り美味しくいただけるワケで、つまり好き嫌いがなくなったと言うことで、これも人の持つ可能性と言えるのではないでしょうか。ウッヒョー!つるぺたサイコー!幼女幼女ー!















と、ここまで書いて早く寝た方がいいな、と思ったので、寝ます。
幼女ネタって難しいね!


kannbaramotono at 19:12|PermalinkComments(6)TrackBack(0)

2009年12月08日

df0b95da.jpgいつだったかミクシ日記で書いたような気がしますけど、駅前にあるサンドイッチ屋さんでパン耳がどっさりと、そりゃもうてんこ盛りに配られてるんですよ。
んで、今日久しぶりにそれをゲットする事が出来ました。ヒャッホーゥ。

見てくださいよこの量。
横に置いてある比較対象のDSLiteがゴミのようだ!うん、ゴミは言い過ぎた。


前回のミクシ日記とのテイストの違いがえらい勢いになってて申し訳ありませんが、それでも書かずにはいられないこの圧倒的なまでの満足感。良かった良かった。

これと近所の安売りバナナであと一週間は余裕で過ごす事が出来そうですね。僕泣いてません。


kannbaramotono at 14:36|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年12月06日

さんざんっぱらこのブログでもネタにしていていい加減読者の方もウザったらしいと思ってるんじゃないか戦々恐々しているのですが仕方ないだろ!ネタが出ないんだもんよ!でおなじみの、僕も参戦しているネット大喜利企画、賛美歌の千とんで十三番第六回戦の結果が出ました。







2009y12m06d_192833188




ま、当然っていうか?>一位
(↑心底安堵しながら)

いやぁ、よかったよかった。無事に六回戦も生き残って、ようやく決勝へとコマを進めることができました。

正直言うと、このネタは個人的にはかなり会心の出来だったんで、これでダメだった日にゃもうブログたたんでしまおうかなんて思っててたくらいでしたよ。いや、割とマジに。結果的には一応評価されてるみたいなんで一安心といった所ですけどね。ボツボケの不意打ちエルモ再登場に全部持っていかれたような気がしないでもないけど。

というか、僕はこういう空欄を埋める形式のお題が得意みたいです。某所で鍛えられてるからでしょうか。なんか他の形式のお題に比べてすんなりナンセンスなやつがいくつも出てきてくれます。ほんとなんでだろ。
















禁句:想像力が足りてない


kannbaramotono at 20:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年12月04日

左手親指の傷口に菌でも入ったのか、微妙な痛みがちくちくとしてキツいです。何がって眠気が。

寝ようとしても左手に意識がいってしまってもうね。
いったん意識が逸れ出すともうダメで、雪崩のごとく時計の音やら雨の雫の音やらが気になり出してもううわぁ(ry



仕方がないので起き出してパソコンをうつらうつらしながらいじってますが、本当につらい。
だから仕方ないんですよ。仕方ない。
パソコンを一日5時間以上いじるのは仕方のない事なんです。

kannbaramotono at 21:54|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年12月02日

八方美人な性質がたたってるのかどうかは知りませんが、僕は基本的に人の頼みを断るのが苦手です。
これがまたぎゅんぎゅんと、それはもうぎゅんぎゅんとバイトのシフト決めの時にマイナス作用するんですよ。こうかは ばつぐんだ!


ただでさえ普段からシフトはギリギリ気味に入れているというのに、他の人の休みの穴埋めやらマネージャーの法事やらでガンガン入
れられてるシフト表(コピーの裏に鉛筆)を見ると、思わずらめええぇぇぇ!もう入らないよぉ!とつぶやいてしまうのも致し方ない話だと思いませんか?


















んでそれを同僚に聴かれる、と。

はいはいお約束お約束。


kannbaramotono at 23:16|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2009年12月01日

ターンAは確かにターンAだけど、ターンXは単なるXだろ。
ガンダムは大まかな概要しか知りません。もとのですこんにちわ。


スパイク靴ってあるじゃないですか。そう、あの靴の裏にトゲトゲが何かいっぱいくっついてるやつ。
※表現力が小学生クラスに残念なのは仕様です。


主に屋外スポーツや氷上の滑り止めなんかに使われる道具なワケですが、最近僕のなかでこのスパイク株が連日ストップ高を記録し続けておりまして。
もう欲しくて欲しくてたまらないんですよね。一度で良いから使ってみたいのよさ。

なんというか、あの踏ん張りが効きそうなカンジがたまらないと言いますか。
スパイクさえあれば、僕が長年抱き続けたアレが実現できそうだからと言いますか。















え?アレって何かって?
うん、壁三角飛び。
※発想力が小学生クラスに残念なのも仕様です。

kannbaramotono at 12:03|PermalinkComments(2)TrackBack(0)