2014年09月

2014年09月29日

2回ほど戦力外通告をですね

昨日は高校の部活の先輩後輩によるOB会的な催しに参加しました。
まぁ飲むだけなんですが。

この界隈とは基本的にこの会でしかコンタクトが取れてないので、久しぶりに会う先輩後輩と、高校時代とほとんど変わらない感じで話せたのは凄く楽しかったです。

特に、昨年度の会合にはちょうどそのタイミングで会社をクビになっており、参加できるような精神状態ではなかったため、久しぶりの参加となったので色々新鮮でした。


とはいえ、自分が部活現役最後の高2の時に中1だった子が今年某銀行に就職したとかいう話を聞いたりすると、なんというか月日は流れていくんだなぁみたいな形容しがたい感情を抱いたりしますね。
悲しいなぁ(諸行無常)

正直、割と大手の銀行に就職してて凄いなぁと思いました。いや別に僕が社会人として順調に負の経歴を積み重ねている事とは関係ないですが。 


kannbaramotono at 11:40|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年09月26日

世界バレーもっと見ようぜ

世界バレーが深夜帯にTBSで生中継されており、眠れない日々を過ごすもとのさんです。
我が家にはテレビがないのですが、バレーを観たいがためにパソコンモニターで地デジ観られるようにしました。バレーには本気です私。

流石に世界選手権だけあって、毎試合完全生中継してくれるのはありがたいですね。
TBSの番組はぶっちゃけそれほど好きではないのですが、スポーツに関してはTBS嫌いじゃないです(ベイスターズファンでもあるので)。


残念なのが、実況解説があまり良くないことでしょうか。
初田アナは実況の実力は確かなのですがバレーには詳しくないのか選手名を頻繁に間違えますし、竹下さんも解説に慣れてないのか初田アナに話を振られないとしゃべらないので内容がスカスカです。

でもまぁ地上波で放送してくれてるだけありがたい話ですし、今後もTBSにはバレー振興に邁進いただきたい所です。
Vプレミアリーグの放送もっと増えねえかなあ。


ちなみに、今週は世界バレーを観るために生活してるみたいな所が正直あったので、帰宅後即就寝して睡眠時間を稼ぐ立ち回りでどうにか破綻せずにいる感じでした。

つまり、昼間の就業中は当然ぐだぐだだった訳ですが、僕は悪くねえ!バレーが夜中に生放送してるのが悪いんだ!という点を強く付言させていただき、本日の日記とさせていただきます。

いやーまじつれーわー。夜中に二時間バレー観てるからなー。

kannbaramotono at 17:56|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年09月25日

人類は地球で三番目に賢い

職場でTOEICのテストを受けたのです。

同僚から上司からほぼ全員が不満たらたら状態で受験しましたが、かくいうもとのさんも英語力がお察し状態という事情から、あまり歓迎する感じではなかったのです。

一応制限時間内に全部回答を書き込めました(問題を解いたとは言っていない)が、ああ、これ出来としては最悪だわ……という絶望感に浸りつつ解答用紙を回収に回していたところ、偶然他の人の解答用紙の後半部分が全部Bにマーキングされていたのが見えてしまったので、これほど居心地のいい職場もそうないな、と思いを新たにしたということです。

kannbaramotono at 16:35|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年09月22日

たった一つの冴えたやり方

株式投資を始めようと思っています。


最初は不動産投資(マンションのオーナーになって家賃収入)を考えていたんですが、もともとのタネ銭がないとうまみのある物件が買えないという当たり前の事に気が付き、小金がたまるまでは株に手を出すのがベターかなという結論に落ち着きました。

さしあたり、10月から免税の品目が全品目に拡大されるので、その恩恵を受ける業種につっこもうと思っております。

とはいえ、投資をするにもまずは証券会社に口座を持たないといけません。
ということで、某ネット証券に口座開設を申し込み、ついで銀行のネットバンキングにも申し込みをしました。よし、これでさっそく売り買いが出来るようになっt


>口座開設には一週間から二週間ほどかかります。


10月からなんかありましたっけ?
僕何もわかんないですー…


kannbaramotono at 14:16|PermalinkComments(3)TrackBack(0)

2014年09月18日

視点の偏りって危険ですね

http://www.jfpa.or.jp/cat5/cont05/index26.html

>有史以来、男性は主としてアンドロゲンを、女性はエストロゲンやプロゲステロンを分泌、排泄してきたわけで、これは人間に限らず、動物も同様である。長い地球の歴史の中で、人間を含む動物から排泄された性ホルモンが、地球環境に悪影響を及ぼしてきたという証拠はありません。



あるんだよなぁ…



さて、連休明けの出社をするにあたり、三国志の霊帝ばりに鬱とならざるを得ないもとのさんがそこにいた訳なんですが、なんだろ、やっぱり僕に一番合う職業ってニートとかじゃねえかなとか思いつつ、就業中のネットサーフィン(死語)で見つけた矛盾を晒して今日の更新とさせて頂きます。っていうか文章書く前にググるくらいしろよ。



kannbaramotono at 14:15|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年09月15日

オフ会に行ってきました

という訳で、昨日ははむばねさんのオフ会に行って来ました。

オフレポにつきましては、宗教上の理由により書くのを控えさせていただきますが、久しぶりに楽しいお話が出来て非常楽しかったです。(小学生並みの感想)
参加者の皆様ありがとうございました。


ちなみに個人的に一番のハイライトは、ハマってるゲーム(ポケモン)の話になった時に廃人トークの端っこをポロリと出してしまったせいで、周りの空気がさざ波のように引いて行ったのを感じ取った時ですかね。

軌道修正たいへんでした。対戦ありがとうございました。

kannbaramotono at 09:18|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2014年09月12日

厄介事に首を突うずるっ込んでやるともう気が狂う程気持ちええんじゃ

ここんところなんだかやたらと外へ遊びに行っている気がします。

横浜八景島に行ったり、映画観に行ったりしたかと思えば、明日からの夏休み5連休も実家(電車二時間)に帰ったりオフ会だったり野球観戦だったりライブのサクラだったり等の予定が入っていて、全くもって引きこもる余裕がありません。

でも仕方ないんです。オフ会は超久しぶりにお会いできる方がいるので参加せざるを得ないですし、野球は応援してるベイスターズの調子がいいので行かざるを得ないし、ライブのサクラは単純に面白そうなので首を突っ込まざるをえません。なんか自分で言ってて思うんですけど早死にしそうなタイプですよね。



kannbaramotono at 13:53|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年09月11日

クリムゾン・タイド

先日、職場ビルの避難訓練的なイベントがありました。

時間帯が告知されていたもののいつまで経ってもサイレンが鳴らないため、どういうことだ?と訝しんでいたところ、総務部の人がやってきて「サイレンが故障しているみたいなので今から避難開始してくださ~い」とか告知しにきたので、なんというかこれ火事本番だったら死んでたな、自分の身は自分で守らなくちゃな、という思いを新たにしたのです。っていうか住○不動産しっかりしてくれマジで。

kannbaramotono at 13:53|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年09月04日

クリ労働

クリスマス当日に従事するには辛い仕事は何かを考えてみました。
中には僕がやったことのない職もありますので、割と勝手なイメージで。


 ①カラオケ店員
浮かれ浮かれたカップル共しか来る予感しかしません。
ラブホがどこも満員の中、露骨にホテル代わりにしようというクズも多かろうと推測されます。
そういう輩が来ると最初から分かっているラブホの受付より精神削り取られそうですね。

 ②漫画喫茶店員
浮かれ浮かれた(ry
ラブホがどこも(ry
そういう輩(ry

 ③介護職
年中辛そう。

 ④工事現場
職人、警備員問わず、クリスマスの工事は色々とくるものがあると思います。
特に街中の駅前の道路工事なんかに従事した日にゃ周辺の雰囲気がもうね。もうね。

 ⑤薬局
売り切れるらしいですよ(何がとは言わない)
「あわせて買いたい」で妊娠検査薬を勧めるとか面白いかもしれませんね。amazon先生みたいに。

 ⑥コールセンター
テレフォン節句'sしてみたいです(突然の願望)


はい、そんな感じでしたが、この話のオチとしましては、このネタをクリスマス特別更新の時までとっておけば良かったのにという所でしょうか。 あ、いや、まぁ今年のクリスマスはまだ見ぬ恋人と二人で過ごす予定ですのでそんなセコい心遣いは全く不要なんですけどね!一応とっとくかなーみたいなね!


kannbaramotono at 13:53|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年09月01日

迷わず行ければ苦労しねえんだよ

自分に文章力、というかストーリーテリング能力がないと自覚しているためモヤモヤだけが募っている訳ですが、小説を書いてみたいんですよね。
で、書きたいと薄ぼんやり思っているだけで形にできる気は全くかけらもなくて困っているという。

小説で同人誌を出してたら自分のシリーズだけで本棚が埋まってしまったなんていう話もよく聞く中、翻って普段から小説を(というかいわゆる正攻法の文章を)あまり読まないという致命的なバックボーンがあったりなかったりする私。

そんなもとのさんも昔はライターだのコラムニストだのに憧れを抱いた時期があったんです。
世の小説サイトの流行なんかを統計だててひっそり考察していた時期もあったなぁ。


つまるところ過去形ということはつまりそういう事で、今はもうなんていうか優先度が下がったという言い方はしたくないものの、やりたいことがありすぎて逆に不自由になっている部分があるというか。
がんじがらめになった結果、秘める承認欲求という名のパッションが行き場を無くしてしまっている。

これを打破する為には小説の書き方、みたいなアンチョコがあれば一発解決だとは思うんですが、往々にしてそういうお手本通りに作ったものは駄作と相場は決まっている訳で、安易に手を出すのもどうかなぁとこれまたやる気が逆戻り、どうしようかなぁといった趣です。

やっぱ小説読む数をこなしてフォーマットを身につけるしかないんかなぁ。
でも付け焼刃じゃ意味ないし、自分で消化できるまでひたすら読み続けるっていうの時間かかりすぎるしなぁ。みたいな。

まずは手始めにSS書きに転身してみようかしら。手始めにとか言ったら職人とかに怒られそうだけど。とりあえずどんなのでもいいから作品と呼べる形にまで完成させるのが先決よね。








あ、たぶん書くとしたらエロです。 (台無し)

kannbaramotono at 10:44|PermalinkComments(0)TrackBack(0)