2014年04月12日

痛風と尿管結石

今日はネタが無いので、痛風と尿路結石の話をします。

***************************************************

世の中に病気は数あれど、「痛い」病気として良く挙げられるのが痛風と尿路結石ですが、 この二つの病気が実は密接に関係しているということをご存知でしょうか?
今回の記事ではこの痛風と尿路結石について、思いつくままにまとめてみたいと思います。

言うまでもないことですが、ご自身の健康の諸問題については主治医の指導に従い、決してネットや書籍に転がっている情報を鵜呑みにしないようにしましょう。


【痛風について】
●どういう病気か
痛風とは、足首の関節や親指の付け根に、想像を絶する強い痛みが現れるという病気です。
これには「尿酸」という物質が深く関係しています。
尿酸とは、体の細胞が新陳代謝によって壊される際に生産されたり、食事によって生物の細胞を摂取したりして人間の体内に取り込まれる物質で、誰でも血中などに多かれ少なかれ存在しています。
ですが、尿酸が血中に多く存在しすぎると、やがて溶けきれなくなり、関節などの部分に尿酸カルシウムとして結晶化してきます。
この結晶を異物と勘違いして免疫が働いた結果、激しい腫れと痛みを引き起こします。

●予防法
まず何よりも尿酸をとりすぎないことです。
ビールやアンキモ、レバーなどが高尿酸値の元として知られています。
発泡酒のCMで「プリン体オフ!」とか盛んに言われていたのをご存じの方も多いはずです。
これは、プリン体が体内で代謝されると尿酸になるため、プリン体を減らせば尿酸値も抑えられるということなんです。
まぁプリン体が多いビールはもちろん、アルコール自体に血中尿酸量を増やす作用があるんで、焼酎などのプリン体が少ないものも含めてアルコールは全部切った方がいいんですけどね。あの宣伝サギみたいなもんだし止めたほうがいいと思うんですけど。
納豆なんかもプリン体が多いと言われていますが、そんな毎食何パックもガバガバ食べるような人いないでしょうし問題視しなくていいと思います。

というか、「プリン体が多い≒栄養が豊富」なので、何事もバランスが大事ということですね。
納豆という食品は、プリン体を恐れて食べないよりも、他の栄養成分のために食べたほうがいいと言うことです。
尿酸自体も、DNAを構成する大切な成分です。取らないわけにはいきません。

また、牛乳もあまり多く摂取しない方がいいようです。
正確に言うと、「ノンホモ牛乳」という、いわゆる一般に流通している牛乳には、プリン体を尿酸に変える酵素が多く含まれているようなので、プリン体が多い食事と一緒に飲むのは避けた方が無難です。ノンホモは屑、はっきり分かんだね。
まぁ一回や二回程度で変わってくるもんでもないですが。
しかし、牛乳をたくさん飲むと尿酸値が下がったという報告もこれまた多数あり、一概にダメ、という訳でもないのでぶっちゃけ良く分かりません。結局バランスです。

基本的には水分を多く取るというのが有効です。
尿酸というくらいですから、尿酸は尿で排泄されます。
成人では一日に1~1.5Lくらいの尿を出すということなので、多めに尿を出すには一日に飲み物を1.5Lくらいにすれば、食事や汗とのバランス的にちょうどいいくらいじゃないでしょうか。もちろん人によって体質は異なるでしょうが。

尿をアルカリ性にかたむけると尿酸が溶け込みやすくなるので、アルカリ性食品と言われる海藻やキノコ、根菜類を日ごろから意識して食べるようにするといいでしょう。
現代人は尿が酸性に傾きがちなので、意識して摂取するくらいでちょうどいいと思います。
もちろん、やりすぎるとそれはそれで病気になってしまうので注意です。

【尿路結石について】
●どういう病気か
尿中の成分が結晶化し、尿管につまって激しい痛みを引き起こします。
どんな成分が結晶化するかは人によりますが、シュウ酸カルシウム、尿酸カルシウムなどが多いです。そうです、前述のあの尿酸です。またお前か。
これらの物質が尿中に濃く存在していると、結晶化してひどいことになります。
結石の画像みてると痛みも納得です。こんなトゲトゲが詰まったらとか想像したくもありません。

●予防法
一番多いのがシュウ酸カルシウムの結石なので、とにかくシュウ酸を控えることです。
ほうれん草を灰汁抜きする場合はしっかり抜きましょう。
カルシウムを含む食品と同時に摂取すれば、腸内でシュウ酸カルシウムになって体内に取り込まれにくいので、有効だと言われています。
ほうれん草のおひたしにはかつお節やじゃこをかけていただくといいですね。
日本人のカルシウム摂取量は不足気味なので、機会があったら意識して摂取するくらいでいいと思います。
食事のカルシウム制限しても、どうせ骨のカルシウムが抜けてもろくなるだけですし。

カルシウムと言えば牛乳ですが、前述のように善し悪しがあったりなかったりするみたいです。
コップ一杯程度ならどうということはないでしょうけどね。
また、水分の摂取もこれまたかなり有効です。
排尿が多ければそのぶん尿が薄くなり、結晶化しにくいからです。
小さいうちに結石を出せれば痛みもありません。

ただし、お茶やコーヒーはカフェインで利尿作用があるのでがぶ飲みしてはいけません。
利尿作用ならいいじゃんと思いがちですが、一気に出した後体内の水分が減るので尿が濃くなります。紅茶コーヒーにはシュウ酸が多いのでなおさらがぶ飲みは控えた方がいいです。
食後のティータイムくらいなら全く問題ないですが。

紅茶コーヒーを飲むならきちんと牛乳を入れてカルシウムと一緒に飲みましょう。
コーヒーフレッシュとかあれ単に油を乳化させただけですからね。
レモンティーでクエン酸摂取してもいいです。クエン酸は尿をアルカリ性にかたむけます。
尿がアルカリ性に近ければ、シュウ酸カルシウムの結石が溶けるので、大きくならずにすみます。
そういう訳で、前述のアルカリ性食品をとるのも非常に有効です、たぶん。

シュウ酸が少ない飲料は、麦茶やほうじ茶、玄米茶などです。
スポドリなど砂糖が多い飲料は尿へのカルシウム排泄を増加させるのであまりよろしくないです。
まぁ砂糖ガバガバ飲むのはカルシウム云々以前の問題ですけど。
夜中寝てる間は尿が濃くなってリスクがあるので、寝る前にコップ一杯程度の水分を取るのも賢いですね。寝てる間も人は汗をかくので、寝る前には水分取った方がいいです。おねしょしなければ。
朝一はかならず排尿するという生活リズムができればなお良し。


ここまで読んでいただけましたら、痛風と尿路結石は表裏一体の病気であることがおわかりいただけたかと思います。
痛風予備軍である高尿酸値の人は尿酸カルシウムの結石が出来る確率が非常に高いらしいです。

しかし、血液の尿酸値を下げるために尿で排泄しようと思えば、尿中の尿酸濃度が上がって、尿路結石のリスクが上がる、というジレンマ。
要は、普通に水分たっぷり取ってバランスよい食事しようぜ、ってことなんですけどね。
皆さんも食生活には気をつけましょう。

***************************************************

というわけで、色々長々と書いてきましたが、ネタが無いということで当たり障りのない文章をアップしてお茶を濁そうとした結果がこの描くのがクソだるい長文だったという事で、人生について思わず見つめ直したくなってきましたので今日はここまで。


kannbaramotono at 12:01│Comments(4)TrackBack(0) まじめ 

トラックバックURL

この記事へのコメント


1. Posted by こめ   2014年04月12日 12:08
尿管結石を防ぐためにはしっかり抜きましょう

ていうのが要約として頭に残ったんだけど何も間違えてないよね?

2. Posted by もとの@管理人   2014年04月14日 15:01
管が違うけど間違いではないよな(訳知り顔で)

ちなみにseishiが尿道に残ってると雑菌が繁殖しやすいから事後にしっかりおしっこして洗い流したほうが良いんだよ(爽やかな微笑)

3. Posted by アンチャン   2014年04月15日 06:04
雑菌に尿酸カルシウムなんて水飲んでドバァーっと灌流させればいいってそれ現場で一番言われてる事だから。

4. Posted by もとの@管理人   2015年07月13日 19:51
出口を求めて膀胱の中でぐるぐるしている。(頻尿)

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔