2014年05月21日

文章におけるアイデンティティ。

文章書きなんていうのは大体は規範とした作品だったり人物だったりの物まねから始まるもんです。
そもそも文章を書くという行為は動機が「憧れ」から始まる事が多いから。

それはブロガーだろうが小説家だろうがコラムニストだろうが変わらないと思います。たぶん。



でも、ネタの方向性だったり言葉づかいだったりが似てくるのは仕方ないとは言え、結婚できないっていうところまで真似るとなると別にそこまでじゃなくてもいいよなぁとは思う。
何がしにたいかって現在の所その可能性が割と素で高いからしにたい。


kannbaramotono at 16:52│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔