2014年10月03日

仕事中に消しゴムのカスを机の下にくっつけて遊んでいたら責任者会議の議題で「机にガムがくっついている」というものが上がっていて血の気が引きました。
容疑者は特定されていないっぽい。もとのです。


意図的な言葉の誤用をするのが割と好きなんです。

たとえば、「~という気持ちです」という意味を言い表したい時、「~という面持ちです」とか使いたくて仕方がありません。
よく考えたら全然意味違うというか、日本語として全く意味通じてないんですが、なんとなく纏う空気は伝わる感じがしませんか?


ですが、わざとふざけて書いているという一種の了解が、例え私と読者の皆さまとの間にある状態だとしても、ちょっとした認識のずれから意図した所とは別の意味に捉えられかねないというのはそもそも文章としては三流だと思います。

こういう「人に見せるために文章を書く」ではなく「文章を書きたいから文章を書く」という、大成しないブロガー特有の傲慢さがあるから僕はアレなんだと思いますがそれはそれとして、そういう文章ばっかり書いているとこれ普通に日本語が不自由な人だと思われかねないんじゃねえかという事にさっきふと気がついたので今後は出来る限り自重していこうと思いました。仕事中に。


いやまぁ文章が上手いと胸を張れるかというと別の話ですけれども。
それではまた明日。

kannbaramotono at 11:00│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔