2014年12月24日

代打日記おひとりめ

はい、というわけでもとのさんの会社での立場が更に一歩悪くなった事実を再認識したところで、代打日記言ってみましょうか!

今年は順番をどうしようとか考えるのめんどいんで送ってきて頂いた順番に公開していくことにします!

まずは一番バッター、いつもお世話になっております。
[Y22y] ヨシミ22歳の遺言のヨシミ22歳さんです!


----
こんばんは! よっきゅんよ!
…。
 
いや、知っているんですけれどもね。ヨシミ22歳もすでに過去の人。もう、誰も知らないんじゃないかと思います…。いや、すでに最初から知られていなかったんじゃないかと思います…。
最近は、わりとこう、なんて言うんでしょうかねえ…。ネットで一躍スターダムにのし上がった後に私に手のひら返し、という人があまりにも多くて多くて、本当に困っているところであります。もう二度と愛知県の地に足を踏み入れることは無いのでしょう。誰が行くかあんなところ。

とまあ、私怨の自己紹介はこのくらいにして、本題に入っていこうと思いますけれどもねえ。
んー…。
そうですねえ…。今、私のサイトではこんな企画をやっています。

http://y22y.sblo.jp/article/106421907.html

「2015年1月、ヨシミと中の人のところに届く年賀状に
差出人の子供の写真が含まれたものは[   ]通来る」
[   ]を、適切な0を含む自然数で埋めてください。

こんな感じの企画なんですけれどもね。ピーンと来た方は応募してみて下さいね! でも、本稿執筆時点でまだ賞品が決まっていないという…。どうしましょうかね…。「将門煎餅」でもいいような気がしますけれども、うーん。
将門煎餅、先日もとのさんから利益供与を受けましたけれども、すぎょい美味しかったですよ! びっくり!


kokuou4
↑くっそ美味いです(もとの)

…とまあ、そんな感じで…。
そうですね。ヨシミも不人気企画のテコ入れをして行けばいいんですかねえ…。
えっとね、こちら。

http://y22c.sblo.jp/article/104181011.html

ヨシミがまとめた電子書籍なんですけれどもねえ。インターネット黎明期の何でもあり感、そしてその頃の下々の人々が感じていた些細な物語のようなものが、事実として、年表形式で書かれています。PDFファイルなので、無料配布が可能になりました。初版なんか同人誌だったので、重いし、かさばるし、印刷費はバカみたいに掛かるし、どうにもこうにもでしたよ!
 
そんな感じで、第三版のヨシミ年表は1645ページという狂気のような分量になったことをお詫びします…。
一時は「これはライフワークだ!」と思いながら書いていたのですが、無料配布なのに不人気っぷりにがっくりして、今は手が止まっているところです。どうにもこうにも。
上記ブログの指示に従ってダウンロードの後、パスワードを請求して下さいね。お待ちしています!

そんな感じで…。
もとのさんはけっこうなナイスガイなんですけれども、うーん…。
ヨシミの中の人よりはモテると思います。確実に。
 
それでも、中の人はそろそろ結婚出来ていなくてまずいことになる年齢になっておりますので、皆様の強いお力添えをひとえによろしくお願い申し上げる所存であります。
それじゃ、黄昏。 
----




見事な宣伝だと思うがどこもおかしくはないな!
というわけで、日頃お世話になっております、ヨシミさんでした。

直接やりとりするようになったのはここ数年ですが、もとのさんが一方的に読者だった頃から数えるともう10年得以上も(一方的に)知ってるお方なんですよね。人の縁とはわからんもんです。

ちなみに文中に出てきた将門煎餅ですが、本っっっっっ当に美味しいおせんべいなので、面倒と思わず通販してみてはいかがでしょうか。マジで茨城県南のお土産はこれで間違いないっていうくらいのレベルですから。

トラックバックURL

この記事へのコメント


1. Posted by ヨシミ22歳   2014年12月24日 20:52
5 ありがとうございます。
早速の登場…。うん。
宣伝ばっかりなのもいいじゃないですか!
宣伝して欲しいのよ!(ついに本音が出た)

もとのさんは誕生日の23日に恋人さんと一緒に過ごし、24日はお暇、という説を強力に唱えていきたいと思います。
うん。
もとのさんには、いる。
いる。

もとのさんに恋人は、いまーす。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔