2015年10月

2015年10月31日

先日よりひたすらしつこいほどにお送りしていた割には続報が無かった、アパートの部屋がカビだらけでヤバい件ですが、ようやく色々片付いて自分の部屋に戻ってくることが出来ました。

というか、半月位前から戻ってます。ごたごたで報告するの忘れてました。
マルチに遭遇するとか面白いことが起こったのが悪い。


とりあえずはこれにて本件は最終報となる予定です。恐らく。
おめでとう自分。ありがとう自分。

現在のところは割と普通に以前の生活に戻りつつありますが、その状態に至るまでは本当にいろんな苦労とお金がかかりました。
まぁその点に関しては嫌な事件だったねで納得していますので、これ以上いじくるのは無しということで。正直疲れた。


水漏れアンド壁紙張りかえの工事が終わった後もカビの香りが濃厚に漂う部屋に辟易していた訳ですが、どうやらカビが予想以上に本棚達に繁茂していたようで、結局6つのカラーボックスを廃棄して買い替えることにしました。どうりでいくら掃除してもカビのにおいが無くならないはずですよクソが。

まぁ新しいカラーボックスは大家さんにダメもとでお願いしてみたら領収書の額面通り払って頂けたので、楽天ポイントを考えたら更に助かりました。
それゆえこれ以上大家さんに文句を言うのは止めておきます。
流石にこれ以上文句言ったらどんな人間の鑑相手でも逆にキレられる可能性がある。













1442042402489

さて、これで心置きなく本棚を整理できますね(ニコッ


正直めげたい。
……もうゴールしていいよね?


kannbaramotono at 09:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2015年10月28日

あまり嬉しくないことに、本日は社長と焼き肉に行く予定です。我ながらワードから感じられる陰鬱具合が凄い。

しかも、社長がというよりは、先輩と同席する事の方が辛いという気持ちが、より事態を深刻にしています。あーほんとマジで今日の午後なんかイベント起こんないかな。桃鉄でコントローラーぶん投げたくなるレベルのやつが。

kannbaramotono at 08:12|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2015年10月27日

久々の自炊ということでポトフ→カレーの黄金継投をかましたわけですが、骨をつけたままダシとして入れていた手羽元をとりださずにそのままルーを投入したので、食べる際に大変困った。

具体的には手と口の周りがウコン色に。
そして思わず手をついたベットシーツもウコン色に。
私の顔色は土気色に。 

kannbaramotono at 01:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2015年10月18日

この週末は友人が出演した劇を観に行ったりするなど、非常にリアルが充実した感じだったので我ながら不思議な感じがします。

が、肝心のその劇が「大学生集団が別れたりくっついたりしながら将来に対する漠然とした不安と戦う」という内容で、僕って大学時代こんな青春体験したっけ? という心の奥がズキズキ痛む感情に支配されておりどうしよう今になってめっちゃテンション落ちてきた。
あー、これ明日通勤すんの無理だわー、残念だなー(棒) 

kannbaramotono at 23:29|PermalinkComments(2)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2015年10月12日

焼き肉食ったせいでクソほどお肌の調子が悪い今日このごろですが、それはそれとして表題の件の記事後編を書きたいと思います。いや本当マジで脂がさぁ。

前編はこちらからどうぞ。

会話の色分けは、以下のようになっています。

もとの=青
同級生A=赤
Eくん=緑

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


<モスバーガー(2F)>

禁煙席に座る我々。

おごり(250円)のコーヒーを飲みながら、近況報告などに花を咲かせます。
共通の知り合いにこないだ会ったわww相変わらずバカだったwwwwみたいな。
お前のほうがバカなんだよなぁ(しんみり)

転職とかヌルゲーwww採用担当ちょろいわwwwwwとかいう心温まるやり取りののち、前回道すがらに聞き及んでいたもう一人の登場人物の話を聞き出します。

どうやら、この人物も同じ大学(学部は別) のようで、Aとは在学中から仲が良かったとのことですが、どうやら今回の話はこの友人から誘われて始めたとの事らしいです。
つまり今回の件の元凶ということですね。よくやった。

件の彼の個人情報を何とかして引き出せないかと四苦八苦していた所、タイミングが良かったのか悪かったのかスーツの人物が話しかけてきました。保険の営業マンか何か?


 「いやーおまたせ! ごめんね今日は来てもらっちゃって!」


ひぃ見るからにコミュ強! チャラい! ○ねばいいのに!(条件反射)
という訳で、待ち合わせの彼でした。仮にEくんとしておきます。
まずは自己紹介から。結局Eくんについての予備知識は殆んどない状態ですし。

聞くと、彼はどうやら現在浅草の12万円の部屋に住んでいるそうで。
マジかよ。すげえ所住んでるとかよく教えてくれたもんです。聞いても居ないのに。

ちなみに、現在の夢は新宿御苑の近くにマンションを買ってオタグッズ部屋にすることだそう。
そうなんだ、じゃあ私生徒会行くね。(適当)


 「マジかよ、そんなに家賃払ってて、結構給料もらってんの?(笑)」

 「んー、俺は(業種)に勤めてるけど、実際そんなに貰えてるわけじゃないよ」
 
 「ああ、副業とか? よくできんね、僕体力的に無理だわー」


……個人的な目論見としてはこのタイミングで「そんなあなたに!」という感じで勧誘に入ってくれるかな? という誘い水のつもりで話題を振ったんですが、なかなか尻尾を出してくれません。
進研ゼミの勧誘漫画をとかもうちょっと見習ってほしいですね。


その後、オタ趣味の話にシフト。
僕自身はオタクではあるんですが、アニメとかゲームにはかなり疎いほうなので、精一杯の知識をフル動員して話を合わせていました。

そして、話はゲーセンのゲームの話に。


 「格ゲーならまぁそれなり程度には」

 「あ、本当に? じゃあeスポーツって知ってるか?」

 「まぁ、格ゲーに限らずプロ契約したりしてるプレーヤーがいるのは知ってるけど」 

 「実は今日の『ゲームの話』っていうのはそのeスポーツ関係なんだけど」


……ようやくです。ようやく核心に近づきました。
ここまで楽しくもない会話を延々続けてきたんだ、満足させてもらおうじゃねえか!


 「そう、それ早く話してくれよ、結局どういう話しなん?」

 「実は、いま話に出たプロゲーマーを育成するためのスクールを立ち上げる計画があるんだ」




wpid-1389215540


プロwwゲーマーwww育成ww専www門www学wwwwww校wwwwwwwwwww

こんなん卑怯でしょ。内心大爆笑してしまいました。
といか若干外に漏れてた。手で口を抑えてたけどめっちゃ息漏れてた。

ゲームの練習とかインタビューの練習(英語)とかするの? 専門学校で?


ちょっと色んな所を敵に回しそうなんでこれ以上の弄りは控えますが、なんとあのウメハラなども携わっている! というとりあえず名前借りてきた感の強い文句に対して「マジ? プロってマゴとかsakoとかも?」と返答したら否定も肯定もされずに無言でスルーされてしまったので、ああこいつらボロを出さないようにしてるって事はただひたすらにニワカなんだなと感じた、という点だけは強く主張しておきたいと思います。



その後も気を抜くとすぐにニヤけてしまいそうな口元を手で隠しながら、熱っぽい口調で語られる説明を聞き流しておりました。ぶっちゃけ拷問だった。
話の端々から「サポーター」「広げていく」というワードが聞こえてくるのでもう限界。
マジで勘弁して欲しい。完全に笑わせに来てる。

そのくせ、肝心の団体名は露骨にガードして教えてくれません。
「会社の名前なんなの?」とストレートに聞いてみたのですが、教えようとする気がないようです。
もしかして先程から堪え切れてない笑いが気付かれたのかもしれません。
くっそ、笑わせといて相手が騙されてるかどうか見極めてくるとかやるやんけ。



で、説明に入ってからこっち、Eくんともとのさんだけが話しており、ふと同級生Aの方の霊圧が消えていることに気づきました。
横目で見てみると、どうやらバインダーにパワポを印刷した資料を用意していたようで、カバンから取り出そうともそもそしている模様。

僕の視線に気づくと、具体的な説明にはいろうと資料を広げだしたのですが、Eくんはどうやら勝負を次回以降とか考えているようで「今日はまだいいよ(ボソッ」と差し止めが入りまして。

おいふざけんなちゃんとネタ提供しろや! と一時は憤慨しましたが、その後も話にちょくちょく混ざろうと試みてはEくんにインターセプトされて、ついには心折れて大人しくなってしまった彼の捨てられた子犬みたいな表情がすごく面白かったので許してやります。運が良かったな!

ちなみにバインダーの資料がちらっと覗き見えたのですが、「インターネットでの広告モデル」とか書いてありましたので、まぁ、うん。



その後、ガヤと化した同級生A「仲間が! 仲間が欲しいんだよ!」というこいつ騙すつもりねえだろという心の叫び相槌をBGMに話を聞いていった所、やっぱりというかなんというか、この後13時半から行われると同級生Aが宣っていたイベントとやらに僕は参加できない模様。

まぁ、ですよね。今日はいいよとか言ってるし。
僕としてもいいかげん帰って洗濯物を取り込みたかったというのもあり、そのあたりで解散の流れに持っていきました。彼らはこれからすぐそこにある大きいハコで行われるイベントに参加するようです。

そんな彼らが後で色々確認できるように、交換したLINEのメッセージを送って即ブロック。
昼は何食べようかなぁとか思いつつ、帰路についたのでした。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


はい、というわけで、マルチとエンカウントした件についての記事は以上になります。
記事にしたら思った以上に助長になってしまい申し訳ありません。
実際にリアルの会話を聞いていたらこの記事の10倍は笑えてただろ間違いないわと思うと、自分の文章力を呪いたくなりますね。みなさんも是非勧誘っぽい誘いを受けた時は、積極的におちょくっていくといいと思います。

それでは、最後に同級生Aに送ったLINEメッセージのキャプを以下に貼り付けてシメと致します。


 無題


読んでいただきましてありがとうございました(ゲス顔)
 

kannbaramotono at 21:54|PermalinkComments(2)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2015年10月04日

<導入>

 「○○(本名)!元気か?(^^)」

気だるい月曜日の午後2時頃。
あくびを噛み殺しながら業務を進めていると、私用携帯に着信が。
LINEに届いたメッセージは、卒業以来メールや電話すらやりとりをしていなかった同級生からの、久々のアクションでした。

……もうこの時点でうーんという感じですが、一応話を合わせます。


 『いきなりどうした!!!??』

 「久々に見つけて、懐かしかったからさ!笑」

 「今何やってんの?サラリーマン?」

 『サラリーマンだよ、もう既に二回転職したけど』

023
023

 「二回スタンプ使うほどかお前」

 『やっぱり給料とかで辞めたの?』


……給料を聞いてきました。
編集の都合でカットした会話もありますが、それ込みでも割とスムーズにお金の話に入りましたね。流石リア充ウェーイ系は会話の操縦法を心得ています。

この時点で既に面白くなりすぎていたので、ここで積極的にノせらていく方針にシフト。


 「そうだね今だって給料めっちゃ安いし」

 『まぁそうだよな!』

なんだとコラ。

 「でも今は金より休みが欲しいかな」

 『わかる笑 また連絡するわ!』 


第一ラウンドは終了ということですね。わかりました!
久々の超ド級魚群をレーダーに捉えた予感に思わず黒幕のような笑みがこぼれましたが、とりあえずは仕事に集中することに。
携帯を弄っていてまた上司の査定を下げたような気がすることですし。



― 翌々日 ―

 「○○! 3日の土曜日予定空いてる?」

ヒット!(竿を合わせながら)

 『夕方から用事があるけど昼なら』

 「じゃあ12時から会えない? ゲームの話だから手伝って欲しいんだわ」

 『手伝いはかまわんよ 具体的に内容教えて』

 「今、ゲームのプロジェクトやってるんわ(^^) ○○のゲームセンスを借りたくて!」 

具体的の意味を今すぐ目の前のスマホでググれ。
まぁここは美味しいお客のふりをしておきます。

 『なにそれくっそ面白そう!! 時間とかは任せた!!!』

 「めっちゃ楽しいよ(^^) 稼げるしね!

少しは臭み消しをしろ。


という訳で、昨日の土曜日、電車で40分かけて彼と話をしてきました。
今回の記事ではその時の話をしようかなと思います。
前書きめっちゃ長かったな……


</導入>

<本編>


2015/10/3(土)  11:30頃。
東京の外れにある某JR駅にて、記念に周囲の写真をカメラに収めつつ駅前に降り立ちます。

約束の12時より少々早く着いたのは朝食兼昼食を摂るためだったのですが、モスバーガーで商品の到着を待っていると、彼からメッセージが。

 「すまん! 10分くらい遅れる!」

やる気あんのかコイツ。
まぁ冷静に考えると僕が色々とやる気になってる方がむしろ頭おかしいとしか思えませんが、その辺りは気にしたら負けなので、大人しく海鮮かき揚げライスバーガーを頬張りながら待ちます。
万が一、軟禁されて長期戦になった場合に困りますからね。腹ごしらえはしっかりと。

 「すまんすまん遅れて、いやー久しぶりだな!」

 『お昼食べてたから大丈夫だよ、久しぶり』


 「今日1時半から近くのホールでイベントが有るから、その前に話をしようと思って」

 『言ったと思うけど、今日は後で予定があるから4時になったら帰らなきゃいけないから』

 「わかってるって、あそうだ、今日もう一人合流するから」

初耳だけどそれ知ってた!
こういう勧誘系では数的優位を作って説得にかかるのが基本です。
サッカーと同じですね。みなさんも覚えておきましょう。

 『1時半まで何処で待つん?』


 「あ、じゃあそこのモスバーガーで」

そこさっきまで居たんですけどクソが。

その後、コーヒーのみの注文で席へ。
ところで奢ってくれたのは有り難いんですが、そこ「経費で」とか言ったらダメだと思うんですけど。
色々バレるだろ。いや最初からバレバレだったけど。


</本編>


という訳で、戦いの舞台であるモスバーガーに到着(二回目)した部分までをお送りしたわけですが、ちょっと長くなりましたので前後編に分けます。

次の更新は……え、えっと、次の土曜までには……(弱気)


→後編へ続く

kannbaramotono at 20:51|PermalinkComments(4)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック