2015年04月13日

ビジネスの最前線に立ち続ける覚悟はあるか

これまで血反吐を吐く思いで色々準備してきた企画が、依頼者の「やっぱり無しで^^」の一言で白紙になった為に虚脱感に襲われておりましたが、生憎もう一つの企画がいつも通り予定ギリギリの為、退屈せずに済みそうです。あの、もうちょっと退屈したい。

しかし、この白紙化で一番割を食ったのは私ではなく相手先かと思います(依頼者とはまた別の相手)。なんせ白紙になったことで、ここまでの作業がタダ働き確定したわけで。いくらか払ってくれよ!と言って来ているのはまぁ当然かなと。

しかし悲しいかなこれもビジネスですから、契約まで行ってない以上払えないもんは払えないと言わざるをえません。

一応私が担当ですので、払って欲しいという要望は上に伝えていたのですが、やっぱり無理との回答が帰ってきました。まぁ、ですよね。


「ところでこの回答を伝える人って凄くヘイト稼ぎそうなんですけど、誰が伝えるんですか?」

いや、担当お前だろ


あの、もうちょっと退屈したい。

kannbaramotono at 08:19│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔