2015年06月10日


前回
の続きです。


<第一チェックポイント:田町>

image

平日早朝、通勤ラッシュの喧騒冷めやらぬJR田町駅から旅は始まります。
いやぁ、こういう始まり特有のわくわく感、あると思います。

Suicaで乗ることもできるのですが、せっかくなので切符で乗りたいじゃないですか。初乗りの切符っていうこれ以上ない連れ合いと旅をしたいじゃないですか。

image

というわけで、切符を購入。
券売機をICチャージ以外で使うのなんて何年ぶりだ。


意気揚々と改札を通り抜けたところで、ふとコンコースに立ち食いそばの店舗を発見。
そういえば田町にもありましたっけ。店舗。

特筆すべき部分のない、普通の駅そば店なんですが、まぁ出発点ということで、景気づけに何か食べていくことに。こういうのはその場のノリが何よりも重要、みんな知ってるね。

一食目:田町駅板そば
CGnY-xAUIAAimbo

せっかくなので、駅そばではあまり見かけない板そばをオーダー。
食べてみると、なかなかそばとして完成度が高い食感。
それでいてしっかりとそばの風味と味がします。

私はこういう歯ごたえのあるそばが好きなのです。まぁ生そばの店舗らしいので多少はね?

image

まぁ結局ここもNREなんですけどね。

※NRE(日本レストランエンタプライズ)
かつては各地で営業する駅そばにはそれぞれ独自性がありましたが、近年合弁化などにより、メニューの均一化が進んでいます。それを統括するのがこのNRE。個人商店が大手コンビニになるみたいなのを想像してもらえればいいと思います。



軽めに食べるつもりだったのが、予想以上にそばがおなかにたまり、先行き不安を感じつつ、出発。

image

新橋で上野東京ラインに乗り換え、常磐線北千住駅に向かいます。



<第二チェックポイント:北千住>

無事北千住に到着。
ここの名物、ゲソ天そばをいただきに、下りホームから上りホームへと向かいます。

下りホームにも駅そばがあるのになぜわざわざ上りホームなのかというと、ここのそば店は上り下りでメニューどころか値段まで違っていたから。学生時代は上りホームのかけそば240円にお世話になったものです。
まぁ結局ここもNREなので値段同じになってたんですが。

image

とはいえ、メニューは変わってなくて一安心。
ゲソ天そばの食券を購入してしばし待つとすぐ出てきました。


二食目:北千住駅ゲソ天そば
CGnjRFbUYAAt3tk


昔はこういうかき揚げ形態でなく、ゲソをそのまま揚げたのが出てきてたような気がするんですが、まぁこれはこれでしっかりイカ食べた感はありますし、美味しいからよし。

腹持ち的にはもうしっかり満足しており、なんならこのまままっすぐお家に帰ったほうが幸せなんじゃないかという思いが一瞬駆け抜けましたが、そんな悪魔のささやきには屈せず、一路常磐線を北に向かいます。もしかしたら天使の助言だったのかもしれません。


<第三チェックポイント:我孫子>
78SKn

30分ほどの乗車で我孫子駅に到着。

駅そばマニア、および鉄の方々にはお馴染みでしょう。
我孫子駅といえばこれしかありません。

三食目:我孫子駅唐揚げそば

CGnshZAVAAAcndZ

デカァァァァァいッ説明不要!!
弥生軒の唐揚げそば!!です!

この唐揚げそばはとにかくでかいことで有名で、鉄道の旅などでは必ずと言っていいほど賞味されているそばです。部活帰りの学生が貪り食っている姿を何度も見たことがあります。
そのボリュームたるや、唐揚げ一つで胸肉2/3枚くらいはあるんじゃねえかと思うほど。

ちなみに、唐揚げ単品で頼むこともできるのですが、その場合はそばの容器に唐揚げが盛られ、その上からそばつゆがかけられます。うまい。

……せっかくだからと、唐揚げ二つ入りを注文したはいいのですが、唐揚げ一つ食べおわったあたりでいやーキツいっす。食べきることすら危うい。
ここまで一時間以内に二食分のそばを平らげただけはある。
しかも、もたもた食べていたせいで、衣とそばがそばつゆを吸って大変なことに

くっ…いつもなら唐揚げそばとはいえ、容易に完食できるのに…
そういえば「完食」ってここ十年二十年くらいで出来た言葉なんだっけ…だったらあまり使わないほうがいいのかな…くそっ…


???「……欲しいか…」

もとの「!!??」

???「力が…欲しいか…?」

もとの「……ほ、欲しい!全てを凌駕する力を!」


7IXol


胃薬「なら俺の出番のようだな」

テリーマン「俺もいるぜ」

もとの「テリーマン」

ブロッケンJr「お前だけに、いいカッコさせるかよ」

キン肉マン「ブロッケンJr…」

ロビンマスク「正義超人は、おまえだけじゃないんだぜ 」

ウォーズマン「コーホー」

キン肉マン「みんな…」

悪魔超人「こ、これが友情パワーか」


正義超人たちのがんばれ♥がんばれ♥コールが沸き起こり(幻聴)、その声に後押しされながら何とか残りのそばを胃に流し込みます。成し遂げたぜ。

ウーロン茶で少しでも油を切りつつ、さらに常磐線を北上。

CGn5Jj_UkAAXS-X

茨城県南民のシンボル、筑波山を車窓に望みつつ、列車に揺られていきます。
(もうちょっといいアングルで撮ればよかったと思うくらい小さく見えています)

次回に続く。



トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔