2015年06月15日


前回
から続いてます。


<第六チェックポイント:立川>

z17ev

立川には、わざわざ入場券を買ってまで食べに来る人がいる、名物駅そばがあるというー……
店名が「奥多摩そば」ということで、せっかくなので青梅線ホームまでわざわざ出張。


四食目:立川駅おでんそば

CGo_2ccVAAETG-l

ちなみにさつま揚げ一枚、がんもどき二個、ゆでたまご二個、いずれかから選択できるということですが、今回はさつま揚げをチョイス。ちなみにがんも一個と玉子一個のハイブリットも可能だそうです。

ぷりっとしたさつま揚げの食感がうれしいですね。
つゆが若干甘めのような感じがあった気がしますが、NREなので他と同じだと思います
でもやっぱりがんもと玉子食べればよかった。次はそれにします。

久しぶり(三時間ぶり)にそばを食べてちょっと元気出ました。嘘ですきついです。
我孫子の唐揚げそばがまだ効いてる。これダイエットに使えるんじゃないかな(錯乱)

中央線で次の乗り換え駅である八王子に向かいます。
……中央線の豊田行きはクソ。はっきり分かんだね。

そして、八王子から橋本へ。
八王子なんて都会も都会ですし、わざわざ写真いらないですよね?
(↑八王子の写真撮り忘れた)


<第七チェックポイント:橋本>


RUS4e

橋本に到着。

近い将来、リニア中央新幹線の乗換駅になることが確実視されている駅です。
いずれは相模原市の発展の中核を担う存在になるでしょう。
相模大野の元住民としては妬ましさで発狂しそうです。

橋本から相模線に乗り換え、茅ケ崎に向かいます。

話は変わりますが、僕この相模線という存在が大好きなんですよ。
好きな路線ランキング作ったら五指には入る感じです。
特にその車窓から覗く沿線の風景が素晴らしい。

JAbs6

どうですかこの沿線の雰囲気、素晴らしくないですか?
なんというか、大都市近郊路線なのに生活密着というか、うらぶれた感じがあるというか、いまいち垢抜けなくてパッとしない感じがたまらないのです。私なんか変なこと言ってますね?

まぁこれ以上言うと沿線住民を馬鹿にしてる感じしかしないのでこの辺にしておきますが、相模線には他にも本物じゃないほうの厚木や、発展から取り残された方の海老名があったりしてネタ度も高めなので、まるごとしゃぶるのになかなかおすすめの路線です。
全国の鉄道研究部の皆様は、ぜひ次の学園祭の展示で相模線を取り上げてください。
教えてくれたら見に行きますから。

KEO8A
↑取り残された方の海老名


そんな相模線の雰囲気を満喫しつつ、電車は一路茅ケ崎へ。

次回、最終回に続く。



トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔