2015年06月26日

前回の続き、最後です。

<第八チェックポイント:茅ヶ崎>


OBKCR

サザンの地元でお馴染み茅ヶ崎に到着。

ここから東海道線で上京します。
上京の使い方が間違っている気がするが、何、気にすることはない。

日が落ちてきたせいで車窓を楽しむことが出来なくなってきましたが、東海道線に乗る機会自体があんまりないので新鮮ですね。いや車両はいつものE231系だし全くそうでもねえな。 

そして途中の大船で途中下車。


<第九チェックポイント:大船>

PXR4r

こちらの立ち食いそば屋の「大船軒」に用があるのです。
(立ち食いそば屋が見つからなくて彷徨ってたため反対方向のホームで撮りました)

五食目:大船駅かき揚げそば

VOOzY

ここ大船軒のかき揚げそばといえば、駅そばファンにはお馴染みの超絶クオリティでお馴染み。
甘めのつゆにしっかりとしたそば、そこに乗る小柱の入ったかき揚げが…

入ってない!小柱がかき揚げに入ってないやん!
小柱かき揚げが食べたくてかき揚げそば注文したの!

どうやら小柱入りはちょっとお高めの別メニューとしてある模様。
マジかよNRE最低だな!(気付かなかったことを棚に上げて

とはいえ、そばのクオリティそのものはなかなかです。
かき揚げも夕方の時間帯ということでちょっとフニャってたことを除けばしっかりした味。

肩透かしを食らったことで少々もやっとした気分を抱えつつ、東海道線でさらに北上。
最終目的地の品川に向かいます。


<最終チェックポイント:品川>

2nlDP

とうとう終点にやって来ました。

ここ品川の立ち食いそば屋には「品川丼」という名物メニューがあったりするのですが、今回はそばの旅ということであえてパス。

765cc717[1]

↑品川丼(後日撮影)
つゆに浸しすぎた、からっとしてないかき揚げ丼とでも言えばいいでしょうか。
説明だけ聞くと全然美味しそうに聞こえませんが。



今回の狙いは「メガチキン竜田そば」という名前からクレイジー感がオーラとして見えそうになる代物です。
出発を田町にしたのも、この品川のラスボスが控えているためで、我孫子の唐揚げそばの前にこんなもん食ってられるかよという戦略的理由のためであったのです。

スタートを品川にしてたらマジで吐いてたと思う。そしてそのまままっすぐお家に帰ってたと思う。

CGpufpQUcAA4S8z

これがラストダンジョンちゃんですか。


さて、それではこの駅そばでお目当ての…


6e554c10[1]



……!

ない!メニューの何処を見てもメガチキン竜田そばがない!

いや、落ち着け、冷静になれ。
この品川はホームが沢山ある。別のホームにはきっと…

ない。

ない。

なんという、なんという。

ここまできて目標を達成できずに終わるのか。
大回り乗車のルール上、この品川から他の駅へ移動することはもう出来ません。

目標が消えた。

…詰んだ――――


………旅に費やしたこの日がまるごと無駄になったような徒労感が襲いかかり、もう一人の自分が、自分に対して説得を始めます。それはさながら悪魔のささやきにも似て。

大丈夫だって、最後くらい。

そもそも計画のことは誰にも話してなかったんだろ?

どっか適当な店のそばで誤魔化せば誰にもわかりゃしないって。


そんな声に屈しかけ、半ばうつろな目で券売機を見つめた瞬間、それは目に飛び込んできました。


62037dcb[1]



「ダブルジャンボ海老天そば」


……。


六食目:ダブルジャンボ海老天そば

CGpwCfaVAAAp-Ka

後程調べてみたところ、これもまたちょっとした名物らしいです。
よかったこれで大丈夫!(取れ高が)

食べてみますと、立ち食いそば特有のじっとりした衣がダブル!ジャンボで!正直キツい。

GX5ef

一口かじった程度では海老なんて見えてこないぜ!
やったぜ捗った!(メタボが)

つゆを吸わせるという一歩間違えれば増えて大変なことになるもろ刃の剣を惜しみなく使いつつ、食べ進めてなんとかミッションコンプリート!つゆ無いと食べにくいですねコレ。
あ、つゆとそばは特筆する点もなく、いつもの感じ。

ちなみにメガチキン竜田そばですが、後日品川に行った際に構内をくまなく探してみましたが、やはりおいている店舗はありませんでした。

メニューが廃止になったのかと思い常盤軒フーズに電話で確かめようとしたところ、「うちは品川にはそばの店舗を出していませんが」の一言でバッサリいかれたので、母体がすでにNREにあり、常盤軒は経営から離れているということなのかもしれません。
wikipediaなんて信用してはいけない、はっきりわかんだね。

というか、品川の駅そば店はそばというよりカレー屋なんじゃないかってくらいカレー推しをしているので、もしかしたら前述の店舗を出してない発言はそういう意味だったのかも。高度な自虐すぎる。


<ゴール>

CGpzj9nUgAEciSN

時刻はすでに夜の8時半すぎ。

この品川の一つ隣、田町を出発した朝が遥か昔の出来事のように思い起こされますね。
ほぼ一日、ひたすら電車に揺られていましたが、不思議と達成感があります。

いえ、私ががんばっていたわけではなく、しいて言うなら電車の運転士さんががんばった結果です。
皆様がこうして毎日業務を当たり前にこなしてくれているからこそ、関東一円をほぼ一周して隣の駅に帰ってくるなんて言うことが出来たわけで。

乗客として普段から使用している鉄道ですが、この感謝の気持ちは忘れないようにしたいですね。

万感の思いをこめ、田町からの初乗り切符を自動改札に入れます。
これで、ゴーr ………



CGpz_XeUkAA8lS3


はい、引っかかりますよね。

自動改札では、入場してから一定時間過ぎた乗車券は自動的にはじく仕組みになっています。
つまり、大回り乗車は自動改札で出ることはできません。

うん、知ってた。
知ってたけど改めて扉に止められると感傷的なアレが色々と、なんかこう、空の彼方へ。


大人しく有人改札に向かいます。
説明が必要になるかと思い、行程表を準備しつつ切符を出しましたが、特に必要もなく出してくれました。場所柄そういうのに慣れてるとかあるんすかね。品川の駅員はエリートだと思うし。

CGp0YIxUIAEatdN

上の写真は改札外から有人改札を撮ったものです。
すなわち、祝・無事改札を脱出!

くぅ~疲れましたw これにて関東大回り・駅そばの旅完結です!


………………。

特に同行する人もいない一人だけのイベントです。
当たり前ですが出迎えなんていやしません。

平日に有給を取って旅行に出てたので、時間的にはちょうど帰宅ラッシュ!
い、痛い!なんか会社帰りの皆様からの視線が痛い!
「こいつ会社休んで何やってんだよ」的な思念波が!思念波が!(自意識過剰)

急に体感温度が冷えた感じを抱きつつ、品川から再び改札内に入り、そそくさと家路に向かったのでした。


反省点:次回の旅企画があるとしたらもうちょっと生産性のある旅にしたい。


……そんな感じで、今回の旅日記は終了です。
長いことお付き合いいただきありがとうございました。


トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔