2015年08月04日

gazou0001
指をパキパキ鳴らすのが得意系男子こともとのさんですが、現在のスタイルは握り拳をもう片方の手のひらで押して鳴らすタイプです。フィクションの不良がケンカの前によくやってるやつ。

このスタイルに至るまでにはいろんな模索がありました。

指を思いっきり引っ張る

基節骨に親指、中節骨に人差し指に当て、互い違いの横方向に力を込める

猫の手状に折り曲げた指の第一関節の上に親指を当てて手のひら方向に押し込む

緩い握り拳を上から手のひらで包んで押す

……なんか文章に起こすと見るからに痛そうかつ関節および腱がヤバそうですが、僕はこれで手頃に快感を覚えているのでいいのです。タバコと違って副流煙ないんだから別にいいでしょ!(喫煙者を敵に回す発言)

ちなみに、職場のトイレにこもっていた際、いつものようにパキパキ鳴らしていたら、外の同僚に僕が個室にいることが一発でバレたのですが、これは僕が常日頃から関節を鳴らしすぎていたのが原因なのか、それとも同僚が絶対音感の持ち主で、鳴らす音から特定ができたのが、どちらが真相なのでしょうか。私としては後者の可能性を推していきたいところなのですが。

kannbaramotono at 11:56│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔