数日前までPCの調子が悪く、起動がままならない状態が続いていたんですよ。
電源を入れるとビープ音が鳴り、セーフモードどころか画面が出すらしない。

まぁ恐らくメモリが緩んで認識しなくなったんだろうなとは思ったんですが、あいにくここ数年デスクトップの分解なんてしておらず、したがってドライバーが行方不明状態。
手元にあるのは精密ドライバーのみで、とてもオープンできる状態ではなかったため、随分と手こずってしまいました。

しかしそこは24時間更新にかける情熱が背中を後押ししてくれましたよね。なんとかドライバーを発掘し、静電気に怯えながらメモリを指し直したりHDDのコネクタを挿し直したりしたら普通に起動しました。ほら、全然壊れてないよ、PCの機能。 









24時間連続更新にかける情熱なんてトイレに流して捨ててしまえばいいと思うのですが。