2016年12月24日

さて、ここで最後の代打を切ることにしましょうか!

四人目の代打はあなたに送る独り言のはむばねさんです!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 

リア充爆発しろ、という言葉がある。

……ノー、安心して欲しい。
間違えて去年の原稿をそのまま送ったわけではない。
1年越しの天丼をやるつもりなどないのである。
なぜならば1年前の、しかも代打原稿の書き出しを覚えている人などほとんどいnあぶねぇ1年越しの天丼やるとこだった。


閑話休題。

リア充爆発しろ、という言葉がある。
………………。
……え、あるよね?
まだあるよね? この言葉。
なんかそういや、最近目にしてない気がするけれど。
というか、思えばこの言葉が使われ始めたのってもう10年前くらいな気がするけれど。
あれ、もしかして既に死語ってる……?

と思って、ふと2006年の流行語(https://kw-note.com/marketing/2006-shingo-ryukogo-taisho/)とか調べてみますと。
>イナバウアー
あぁ、なるほど。
これはアレですわ。
完全に死語ってますわ。
い、いやまだハンカチ王子とかは生きてる(?)からワンチャン……(震え声

ま、まぁ、言葉はともかくとして。
なんかこう、リア充に対する怨嗟の声って最近あんま聞こえなくなってきた気がしますよね。
ネット上でもリア充が大多数になってきたということなんでしょうか。
それとも、もう非リアサイドにリア充を妬むだけの体力がなくなってきているのでしょうか。
たぶん両方かな(後者に属する者としての意見)。

というか、最近はむしろね。
リア充の皆さんには、頑張って未来を支える礎を築いて欲しいと思うようになってきてますよね。

どうしてこんなことなったのか、私にはわかりません。
これをあなたが読んだなら、その時、私は(男として)死んでいるでしょう。
……生殖機能があるか、ないかの違いはあるでしょうが。
これを読んだあなた。
どうか出生率を上げて下さい。
それだけが私の望みです。

もはや、ひぐらしパロとか誰がわかるのか(これまた本編完結が10年前である)。
あと、当日にこれを読んでるような方な時点で出生率には寄与できn


あ、もとのさんお誕生日おめでとうございます!
何をとは言いませんが、クリスマス頑張ってください!


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


まさか代打原稿でひぐらしパロが被るとは思わなかったよね。
上記の通り完結時点ですら10年前だというのにね!交友関係の高齢化が深刻である。

僕の方もむしろ出生率を上げる方向で頑張って欲しいというスタンスには割と身に覚えがある感じです。なんというかね、みんな頑張ってねという。

とはいえ、奴らはマジで無自覚にこっちを煽ってきやがるから始末に負えないんですよね。普通に話しているだけでリア充オーラを撒き散らしてくるからこっちとしてもついうっかりコーヒーに間違えて塩を入れて出してみたくなったりするんですよ。
そしてその塩コーヒーは僕が責任を持って始末することになるというね。
リア充マジ許さねえ(吐きそうになりながら)



kannbaramotono at 19:24│Comments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔