通勤ラッシュの電車って駅に着くとドア近くに立ってる人は一度ホームに降りる訳なんですけど、最近では降りてから電車が発車するまでの30秒ほどの停車時間中に売店で朝食のパンを買うチャレンジがマイブームとなっております。
なんかこう、刹那を全力で生きている感じがして良いんですよね。

いや、この売店のパン本当に美味しいんですよ。安いし。
少なくとも神◯屋のパンよりいい。安いし。

しかし、僕が乗降する駅にはこの売店がない。
それでもこのパンが食べたい。

その結果生まれたのがこのチャレンジです。
もしドアが閉まるまでに会計が終わらなかったら遅刻確定のスリル感にもう病みつきです。

最近ではパンのメニューを選ぶ余裕すら出てきており、豊かな食生活に一役買っております。
人間の進化は留まるところを知りませんね。

ちなみに超絶久しぶりのブログ更新なのになんでこんな変な話題なのかと言うと、他の話題と言ったら仕事に文字通り忙殺されそうというぐらいしか出てこないからです。
いいんだ、美味しいパンが食べられれば、僕はそれで(死んだ目)