2017年12月24日

さて! ここで代打更新の二人目です!

出て来るのはあなたに送る独り言のはむばねさん!
いやもう本当毎年毎年お世話になっています。マジで何もお礼できてない。
とりあえずあれか、お歳暮で地酒セットでも送ってみれば良いんだろうか。
(↑とりあえず酒をチョイスするクズ)

それではどうぞ!

ーーーーーー

リア充爆発しろ、という言葉がある。

……恐らく誰も覚えていないと思うので補足するがこの書き出し、実のところ三年連続累計四回目である。
ここまで来るともう、今後は毎年この書き出しでいこうかと思っている。
仮にこの言葉が死語となろうと、壁ドン的に別の意味合いに変わっていこうと、私だけはこの日の代打原稿に「リア充爆発しろ」と書き続けたい所存である。
なお、代打原稿自体がなくなる……すなわち、もとの氏に彼女が出来ることによりこの企画そのものが消滅する、という未来については考慮しないものとする。
突如落ちてきた隕石にぶつかって死ぬ可能性について、日々憂慮しながら生きることは無意味である。
なんか前にもこのネタを使ったような気がしないでもないが、それも考慮しないものとする。
とりあえず直近二年には入ってなかったし、仮に既に使ったネタでも誰も覚えてないやろ、の精神である。

ちなみに、であるが。
今年もこの企画が開催されることを当然確信していた私は、去年の代打原稿を書き終わった段階で既に今年の代打原稿用のネタ出しを始めていた。
間違いなく、始めていた記憶はある。
しかし肝心のそのネタメモが見当たらないため、現在ノープランでこの原稿を書いている。
コンセプトも思いついていなければ、もちろん着地点など見えていない。

あまりに何も思いつかないので、もとの氏をひたすらヨイショする記事でも書こうとも思ったが、彼がイケメン高収入で気遣いも出来るクソモテ紳士であることは周知の事実であるため無意味であることに気付いた。
ネット上に晒している彼の姿が世を忍ぶ仮のものであることは、誰もが知る事実であろう。
今まさに行われているこの24時間更新とて、札束風呂で美女に囲まれながら彼が個人的に所持している『京』並のスパコンから実施されているはずである。
もしかするとそんな彼にこそ、送られるべきなのかもしれない。
リア充、爆発しろ……! という言葉は。

と、早々に伏線も回収したところで今年はこの辺りで締めさせていただく。

なお、余談ではあるが。
もし仮に札束風呂で美女に囲まれながら個人的に所持している『京』並のスパコンから24時間更新などという奇行を実施するような人物が実在するとすれば、それば周囲に緑が多い病棟的なところに隔離されるべき案件であると言えよう。
………………。
…………。
……。
……もしかしてこれって、『札束風呂で美女に囲まれながら個人的に所持している『京』並のスパコンから』の部分を抜いても成り立つのでは……? とかは、思っていない。
本当である。


ーーーーーー


それは確かに塀と鍵が多めの病棟に入院する必要がありそうな案件ですね。
残念ながらその条件には該当しねえけどな! これほど該当して欲しいと思ったこともない。

という訳ではむばねさんでした!

なお、彼の最新刊、第30回ファンタジア大賞 "金賞"受賞作『お助けキャラに彼女がいるわけないじゃないですか』はファンタジア文庫より1/20(土)発売! 買おうな!



kannbaramotono at 18:09│Comments(0) 企画 | 2017クリスマス連続更新

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔