クラリセージ

遊びたいことが多すぎて働いてる場合じゃないというのに (2/17)

2020年06月

社会人になってからこっち、不動産やら先物やらの営業の電話はもう嫌になるほどかかってきてる訳なんですが。

前職がそれなりに平均年収高めの業界だった(居た会社は底辺なので大したことなかったけど)からか、「貯蓄が多めの皆様に〜」だの「役職で時間がなくても〜」だのといった枕詞をつけて営業してくる奴らが割といるんですよね。
で、それを聞くたびに現職がスッキリさっぱりタイプの賃金であることを思い返して凄い傷を負ってしまうので、ホント世の中ってマジで冗談抜きにクソだなという思いを新たにするのでした。
こんな国はもう滅ぼせ!(外山恒一)
このエントリーをはてなブックマークに追加

夏の暑さがひたりひたりとさし迫る昨今、本格的に衣替えをしようとファッションセンターしまむらに駆け込んだんです。
風通し最高のインナーとかは、やはりしまむらのやつに限る。

それで、ついでとばかりに破れと染みが看過できないレベルにあった布団シーツと、枕が悪いのか頭痛が酷くなってきた気がしたので低反発枕を買い揃えたのですが、これがまたすこぶる良好な使い心地で、QOLの向上をひしひしとこの身で感じています。

通販ができないのと、山手線沿線に店舗がないことだけが欠点ですが、わざわざ遠征して買うだけの価値はありましたね。まじ神。





目的のインナーの所に「夏のおじさんの味方!」とかクソデカPOPがあって若干心ポイントを削られたくらいは些細な事件だと思いたいです。

違う……まだオッサンじゃない……オッサンじゃ……
(襟首にデオドラントを塗り付けながら)
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ