2008年12月26日

『日曜の航路』の進路上に大天使ヴルヴァリンが降臨し、箱船との衝突によりヴルヴァリンは四散。
放出された光線の影響で各地に神聖性の相互破壊による事件が勃発するように。
そして光線の影響を色濃く受けた主人公・岡崎はその事件の沈静化と光線の回収のために動くこととなった。













・・・・・・という夢を見た。


意 味 が 分 か り ま せ ん


なんですかこの中二設定は。つうかクラナド自体見たことないのになんでクラナドという名前が出てきたのかすら分からない。

なお、夢の中では、音楽の授業のレポートとして
「クラナドのあらすじを要約せよ」
というものが出る、という設定で、そこで要約した文章が上の邪気眼文章です。なんで音楽やねん。


他にも
「作中に出る大天使の名前を紙コップの底に書け
という設問に
「どうやってレポート用紙に紙コップをくっつけるんですか」
と教授に聞いたら
「問題をよく読みなさい」
と怒られたりとか、なんというか、もうここまで訳が分からなすぎて困る夢を見たのは久しぶりです。


誰か夢占いしてもらえません?

kannbaramotono at 01:48│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔