クラリセージ

遊びたいことが多すぎて働いてる場合じゃないというのに (2/17)

カテゴリ: 企画

再び寒くなってまいりましたので暖房を入れたんですが、この電力もクリスマスの日に夜番として勤めてくださってる電力会社のおっちゃん(家では家族がパーティ)のおかげで供給されているものだと思うと、それだけで少しだけほっこりとココロが暖かくなりますね。いや寒いわ。
このエントリーをはてなブックマークに追加

はいはい!またもや代打です!代打攻勢です!

代打6人目はマイナスのたくろうさん!
今年もえらい長文を送りつけてくれました!ありがてえ!

それでは、どうぞ!

ーーーーーーーーーー


ハッピバースデー・トゥーユー!

ハッピバースデー・トゥーユー!

ハッピバースデー・西……、神原も……、藤宮もとのさあああん!!

ハッピバースデー・トゥー・ユゥゥウウゥ~~~↑

パチパチパチパチワーーーキャーーーステキーーーもとのーんーー!

え? クリスマスイブなのに彼女いないの?
それでずっとブログ更新してるんだ……
ふふ、ははは、いや、ごめんごめん、なんかおかしくって笑っちゃった。

……ねぇ、彼女居ないの、楽しいの?
そうやって馬鹿騒ぎするのが目的っていうか。

あ、そういうわけじゃないんだ、彼女はちゃんと欲しいんだ。

それじゃ、さ。
………………40時間連続更新してみる?

(クラリセージ:みんなみんな生きているんだ より)

はい、ということで、もとのさん31歳のお誕生日おめでとうございます!
そしてライフワークとされているクリスマス連続更新、お疲れ様でございます。
年イチでもライフワークっていうのかな?

こちらとしては、閑古鳥すら鳴かないような僕自身の廃墟サイトで4月に「もとのさんのクリスマス連続更新に寄稿します!」とかのたまってから早8ヶ月。
ビタイチ手をつけないまま12月23日を迎え、慌ててタイピングをしております。

いや、あのときは本当に8ヶ月くらい掛けてクソ記事作ってやろう! と思っていたんです。
本当に、本心から思っていたんです。

だけどほら、なんか色々さ、あるわけじゃない?
なんだかんだ忙しかったりするじゃない?
仕事から帰ってきたら酒とか飲みたいじゃない?
休みの日は平気で12時間とか寝たいわけじゃない?
日がな一日youtubeを見続けていたりするじゃない?

そんなわけで多忙な日々を過ごしていなので、なかなか寄稿記事を作成することができなかったんです。

いやー忙しかった。
今年も忙しかった。
5キロ太った。

まあ、僕のことはどうでもいいとしてもとのさんの話ですよ。

改めて見てみたんですが、クラリセージ内だけで数えても今年でクリスマス連続更新は11年目を迎えることになるんですね。
懐かしき古のブログ「ごった煮サイエンス!」時代も含めると12年目。
ということはもとのさんはうら若き19歳の頃からこんな頭のおかしいサバトを開催していたということになります。

12年ですよ、12年。
12年前っていったら、ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序が公開された年ですよ。
そんで来年にはシン・エヴァが公開される予定。
来年もこの連続更新が開催されれば、あの長丁場で引っ張り散らかしている劇場版ヱヴァンゲリヲンと同じく長い歴史を持つ企画になるわけですよ。

当時19歳のもとのさんって言ったら、まだ自身のことを「女子高生だから」と吹聴し、あまつさえメイド服を着るという行為を惜しげもなくやっていたわけです。
恥ずかしがりながらもメイド服を着て、チンポギンギンにしていたわけです。

大学で水銀などの金属汚染、公衆衛生を学びながらメイド服を着てチンポギンギン。
金属汚染の前に精神が汚染しとるわってな。

そんなうら若き頃からの伝統の連続更新企画。

すげえ。
まさしくブロガーの鑑やで。
もとのさんの青春の軌跡やで。

そんなわけで12年前、もとのさんがまだ19歳だった頃の連続更新企画を振り返って見てみたんですが、なんていうか、すごいトガッていたんですね。
このブログをスクロールするとまず目に入るのが「サンクスのおいなりさん、とても柔らかいなりぃ……」ですからね。
まとめに入った最後の2更新を除けば、連続更新企画最後の記事が、サンクスのおいなりさんの写真をアップしつつ「おいなりさん、とても柔らかいなりぃ……」ですからね。
気が狂っている。

しかもこの当時、連続更新は今のように「24時間連続更新」ではなく「30時間連続更新」だったんですね。
ちょっと気になったのでもとのさんの連続更新時間を年別でまとめてみました。
  • 2007年 12月23日21:00~12月25日3:00 30時間
  • 2008年 12月23日13:00~12月25日1:00 36時間
  • 2009年 12月23日19:00~12月25日1:00 30時間
  • 2010年 12月24日14:00~12月25日15:00 24時間(ラジオ更新)
  • 2011年 12月23日24:00~12月24日24:00 24時間
  • 2012年 12月23日22:00~12月24日22:00 24時間
  • 2013年 12月23日19:30~12月25日2:30 31時間(ルール宣言なし)
  • 2014年 12月23日19:30~12月25日2:30 31時間(ルール宣言なし)
  • 2015年 12月23日23:00~12月24日23:00 24時間
  • 2016年 12月23日23:00~12月24日23:00 24時間
  • 2017年 12月23日23:00~12月24日23:00 24時間
  • 2018年 12月23日23:00~12月24日23:00 24時間

人に歴史ありですね。
というかこれまとめるのが地味に大変でした。
途中で「なにやってんだろ。これやって意味有るのかな」とか思っちゃいましたけど、「いや、毎年連続更新してるもとのさんのほうが『なにやってんだろ』って考えてるだろ」と自身を奮い立たせ、頑張りました。
「やっと……カイトと同じになれた……あの時の」って言った時のゴンさんの気持ちになりました。

初期の頃は、時間宣言を間違って36時間連続更新したり、変化を求めて連続更新の代わりに24時間ラジオ放送をしてみたりと試行錯誤をされていることがわかりますね。

もとのん愛好家の間では有名な、クリスマス連続更新の締めとしてのフレーズ「メリークリトリス☆ミ」は2008年から使われているということも判明しました。
もはや性欲旺盛な、ほぼ性獣のような中高生の間ですらほとんど使われることのなくなったであろうこの「メリークリトリス」
伝統を重んじる老舗のかまぼこ屋の如く、もとのさんは10年もの間変わらず「メリークリトリス」を使っているわけです。
すごい。クリトリスってすごい。

2012年の連続更新は、もとのさんは実家に帰っており「母親ががアメーバピグにドハマリしている為PCを専有できない」という理由から、連続更新の戦場がネカフェとなっています。
ネカフェで連続更新ってすごくないですか。
店員からしたら入ってきてひたすら24時間パソコンでタイピングしているやつとか見つけたら恐怖でしかないよね。
文豪かキチガイかって話ですよ。
ただでさえ「いかに体力を温存して乗り切るか」というのが重要な連続更新なのに、少しでもリラックスできる自宅ではなく、個室とはいえ外部空間であるネカフェでは神経が昂ぶってしまって落ち着けなかったのではないでしょうか。
いつになく「目がギラギラしている」とか本人も書いていましたしね。
ダメだよ。店員さんにキチガイ認定されちゃうよ。

2013年、2014年は恒例となっている「クリスマス連続更新やるよー!」という宣言&ルール設定記事が投稿されず、それまで作られていた連続更新特設ブログも開設されていません。
なんか「あー、連続更新な。うんやるやる。えーっと、とりあえず今からな。時間も決めねーわ。適当に、ノリで」みたいな雑さが惜しげもなく全面にさらけだされています。
読み返しているこちらからすると少し寂しい気分を感じてしまう。
もとのん、変わっちまったな、と感じてしまう。
きっと2012年頃から社会人となり忙しく、また連続更新にもマンネリを感じてきた頃だったのではないでしょうか。
それでも「キッチリやることはやる」というスタンスが、社会人となって頼もしくなったもとのさんを表していますね。

2013年以降はもはや熟練の技となってきたのか、もしくはめんどくさなったのか、別ブログを立ち上げることなく「クラリセージ」内でクリスマス連続更新をするようになっています。
2015年以降、クラリセージは徐々に月々の更新数が少なくなり、2019年に至っては月に1~4程度の更新数となっているのですが、クラリセージ内で連続更新を始めたせいで年間アーカイブを見ると毎年12月だけ50いくつの更新数が叩き出されているという猟奇的な光景に。
知らない人がみたら寒気がしちゃうよ。子供なら泣き出しちゃう。

そして同じく2015年からはスタイルが確立されたようで、12月23日23:00~12月24日23:00が恒例となっています。
いよいよ職人の域に達してきたのかな。

しかしさすが職人、マンネリは許さないとばかりに今年から更新間隔を短縮。
30分に1回更新から20分に1回更新へと難易度を上げてきています。
自己研鑽をかかさない職人魂。

これで毎年終わるごとに言っている「もう連続更新なんて来年はやらない!」という悪態のエッジも増すということですね。
さすが抜かりない。やらしい。

そんな熟練の連続更新職人である藤宮もとのさんですが、そもそも何故こんな連続更新をしているのか。

理由は簡単。
「クリスマスに浮かれ散らかしているリア充を消滅させるため」

もとのさんは自身を「童貞である」とオフィシャルに公言している、アイドルよりも処女性の強いブロガーです。

しかし、本当に童貞なのか。
童貞を食い物にしているビジネス童貞ではないのか。
実は今現在、革張りの椅子デカイ椅子に座りつつ、股の間に座らせた女の子(14)とセックスしつつ、女の子(23)に両乳首を舐めさせつつ女の子(6)が口に含んだブランデーを口移しで飲みつつ「非リア充キモ童貞陰キャコミュ障って言っておきゃアホ共がイレグイなんだわwwww」とか言ってる可能性はないのか。
31年間彼女がいない童貞というのは、実は疑わしいのではないのか。

僕はもとのさんは正真正銘の童貞であると考えています。
その理由は「童貞は30歳を超えると魔法使いになる」という古の言い伝えがあることに起因します。

「魔法」とはGoogleによると「不思議な事を起こさせる術。妖術(ようじゅつ)。魔術」と定義されています。
そして毎年、もとのさんはクリスマス連続更新にて「リア充は死ね」と呪詛を吐き続けています。

ではここで、皆さんご覧ください。
もとのさんが30歳となった2018年、警視庁によって発表された「平成30年行方不明者データ」に興味深い情報がありました。
(資料:警視庁・行方不明者|平成30年中における行方不明者の状況(1,978KB))

この資料内「年次別行方不明者届受理状況」を見ると、平成21年から行方不明者は緩やかに増加してきているのですが、平成29年から平成30年では一気に3,000人、男性では2,000人増加しています。
そして資料内「3 年齢層別」のデータでは20歳代が最も増加しています。

これはどういうことでしょう。

「魔法が使えるようになったもとのさんが、その力によってクリスマスを浮かれ散らかしているリア充を消滅させた」と考えるのは突飛でしょうか。

そして最近ものとさんはTwitter上で催眠音声についてのツイートをしなくなりました。

これは「魔法を使えるようになったもとのさんが、自身で執筆した完全なる催眠音声原稿を魔法によって具現化した神聖魔皇后セレーネに読み上げさせて至上の催眠音声データを作成したために市販の催眠音声は不要になった」と考えるのは突飛でしょうか。

もとのさんが30歳になる年に、不自然に増加した20代男性の行方不明者。
もとのさんが30歳になる年に、不自然に少なくなったもとのさんの催眠音声についてのツイート。

つまり、ここから考えられる事実は、

もとのさんは正真正銘の童貞であり、30歳を迎えたことで魔法を使えるようになった。
そして年に1度、このクリスマス連続更新上で魔法によってリア充を消滅させている。
日常では魔法によってウィッチクラフトハイネにフェラさせつつ神聖魔皇后セレーネに読み上げさせた催眠音声データを聴きながら瞑想している。
ということになります。

そう、もとのさんは間違いなく童貞。
しかも魔法でアロマセラフィージャスミンを具現化して乳首舐めさせるレベルの高等童貞。

今年もこの連続更新中に捕食植物ダーリング・コブラを使役して数千人単位のリア充を消滅させ、その様を見習い魔嬢のパンツを頭にかぶりつつ警視庁のデータで確認していくことでしょう。
壮絶すぎる。絶対に童貞。そして絶対に変態

そんなわけで折角の休日にこんな文章をダラダラダラダラとかきつつ、洗濯したりご飯食べたり散歩したりタバコ吸ったりしてたらいつの間にか4時間とか経過していたわけですが、ああ、もうすぐ連続更新が始まるなあとワクワクしています。

もとのさんの連続更新と言えば、リア充の消滅の他に楽しみなのはグルメリポートですね。
連続更新のために買い出しなどの時間が著しく制限される。
そのために食材などをしこたま買い込み、かつ調理まで済ませた状態で、連続更新スタートと同時にその食事をリポートするという年もありました。

今年のもとのさんは何を食べるんだろう。
またみかんを食べすぎて味蕾に異常が発生し出血するまでに至るのだろうか。
キムチ鍋作ったはいいけど全然お腹がすかなくて、しょうがないから作った分だけとりあえず食べたら眠くなるというアクシデントが発生するのか。
納豆豆腐サラダみたいな糖質制限食を食べて「そんなことしてもモテないのにね」と呪詛を吐くのか。
そのひとことで何人のリア充が捕食植物ダーリング・コブラによって消滅させられるのか。
案外ラーメン二郎好きなんですね。
こういった食べ物の話だけで5時間位引き伸ばせるんじゃないか。

また、もとのさんの連続更新を応援するべく集まった代打日記も楽しみです。

ほんと、みんな好き勝手書いてるますもんね。
いつだったか眼鏡の説明を始める記事を寄稿するというイカレた所業を行った人とかいましたもんね。
明らかに異常。異常すぎて面白い。
もとのさんの知り合いのプロのラノベ作家の人とかも毎年寄稿してて、なるほどプロが完全にお遊びで文章を書くとこんな感じになるのかと勉強になります。
まあこのプロのラノベ作家の人も寄稿記事の書き出しが毎年「リア充爆発しろ、という言葉がある」ですからね。
イカれてると言う他ない。
そんなイカレた文章を思う存分楽しむことができる。
これもまたクリスマス連続更新の醍醐味でもあります。

ていうかもとのさんも連続更新中盤くらいになると毎回エロ動画見たりエロ画像収集の旅に出たりするあたり、かなりイカれてる。
なんだろう、連続更新で体が悲鳴を上げて危機を感じ、生命としての至上命題である種の保存を実行すべくエロい気分になるのかな。

しかしなもとのんの体。
それは絵やで。
ただの映像やで。
君がどれだけそれに興奮し、あまつさえオナニーをしたところでそれは君自身の手であり、種を残すことは叶わんのやで。
もう12年、それを繰り返しているのかと考えると何故か涙が溢れてくる。
でもまあもとのさんは魔法使えるから、今年は魔力でもってオナニーしたティッシュから屋久杉とか生やせばいいよ。一応種を残したことになるからね。しかも魔法で生やした木を魔法でティッシュに変えれば完全に永久機関じゃない?
自分の子孫であるティッシュにぶっかけってのもなかなか背徳的でイケるでしょ。

さあ、そんなわけでいよいよこの文章をどうやって締めれば良いのか完全にわからなくなってまいりました。
締め方の前に自分が何言ってるのかすらよくわからなくなってきてるからね。
なんやねん自分の子孫であるティッシュって。

ていうか僕はなんでこんな嫌がらせレベルの長文を書いているんだろう。
この1記事だけでもとのさんが今年書いたブログ記事の文字数超えてるんじゃねえか。
現時点で6500字近いよ。
これここまで全部読んでる人いるのかな。
もとのさんですら読んでないすらあるよ。

よし、もう終わるよ。
もうホント、きりがないんだから。
ビシッと終わらなきゃ。子供じゃないんだからね。

ということで、そろそろ締めたいと思います。

残念ながら僕は翌日が朝5時に起きなければ遅刻するという骨肉の出勤をしなければならないのでリアルタイムを追っていくことはできないのですが、逆に朝目が覚めたときにはもとのさんも頑張っているんだなと思うと少し勇気付けられます。

今年も連続更新の締めの捨て台詞「来年はやらないからな! 彼女できてるし!!」からの「メリークリトリス!」を楽しみにしつつ筆を置きます。
クリスマス40時間連続更新、残りも頑張ってね! もとのん!


ーーーーーーーーーーーーーー


やべえよこの人マジで狂ってるよ……

たくろうさん本当僕のこと好きすぎませんか。
このブログの内容のほとんど全てがコンパクト(7000字)にまとまっているので、これを読めばこのブログを全部読む必要がない状態になっているのが恐ろしすぎる。
イチ社会人が余暇に適当にまとめたブログとかそんなレベルじゃないでしょこれ。
寒気を覚えるほどの読み込みが感じられます。ブログを書いた僕本人が言うんだから間違いない。

特に連続更新の歴史をほぼ完全に網羅しているのが凄まじすぎる。純粋に気持ち悪い。
そんなマイナスのたくろうさんですが、このキ○ガイじみた文字数は彼のデフォなのでそれについてはご心配なきよう。

あと最期に一つだけ。
「魔法が使えるようになったもとのさんが、その力によってクリスマスを浮かれ散らかしているリア充を消滅させた」と考えるのは突飛でしょうか。

突飛だよ。どう考えても突飛だよ。
その文章とその前後の遊戯王モンスターを巧みに織り込んだ妄想文章だけで食べていけるレベル"濃さ"すぎるわ。

というわけで、たくろうさんでした。
ありがとうございました!
このエントリーをはてなブックマークに追加

だが待ってほしい。
我々(1名)は今までクリスマスといえばカップル、リア充という単純な連想式によって日々怨嗟と怨念を募らせてきたわけですが、ちょっと視野を広げてみる必要があるんじゃなかろうか。



雪のちらつくクリスマス。

イルミネーションが街を照らし、アフター5で浮かれた男女は腕を組んで街へと繰り出す。

そしてふと、そんな彼らをカフェのガラス越しに見つめるスーツ姿の彼女。

手元のノートパソコンでは終わらない仕事がクリスマスの雪のように降り積もったまま。

彼女は一つため息を付いてぬるくなったコーヒーを飲み干すと、
メガネをクイッと上げて再び仕事にとりかかった。




良くない????

いや、これ、ちょっと相当良くない??
エモグランプリ社会人部門でかなり上位を狙えるポテンシャル秘めてない?
あああああ彼女にもう一杯熱々のブレンドコーヒー奢ってやりてええええええ!!!
どうやら対策を一度練り直す必要がありそうですね……(データキャラ特有の強化フラグ)
このエントリーをはてなブックマークに追加

夜も深まってまいりました。

さて、ここらでひとつ叫んでおきまししょう。


リア充はーー!!!

もげろーー!!!!


穏健派童貞としてリア充保護政策を掲げている僕ではありますが、とりあえず嘘偽りない気持ちを吐き出しておきました。

もげないならもげないなりに出生率の上昇に寄与する形で社会に貢献してほしいですね。
僕の予定ですか?特には。
このエントリーをはてなブックマークに追加


代打も5人目!
キャーポンさんにいただきました!それではどうぞ!


ーーーーーーーー


こんにちはキャーポンと申します。
皆さんもとのくんの24時間連続更新をご覧いただきありがとうございます

そして
もとのん、誕生日おめでとう

今年も懲りることなく誕生日24時間連続更新なんてことをやってくれるなんて
10年前に出会った時からもてない男同盟を組んでいた僕としては変わらない君でいてくれて、とても嬉しいです
まあ今僕はめっちゃモテてますけどね

今年のクリスマスイブは火曜日ということもあり世間ではあまりカップルがいちゃつく雰囲気を醸し出していないですが、このもとのという男は違う
平日だろうが自分の誕生日が天皇誕生日の祝日じゃなくなろうが、そんなことは関係ない
彼の胸にあるのはただ一つカップルが憎い。それだけだ。それは10年前から何一つ変わらない。
何も足さない何も引かない。ちょっと高級な日本酒みたいな熟成された男、それがそれがこの男である。日本酒に失礼である。


しかしそんな彼にも変化が訪れた。
昨年のことであったか、ふいに彼は信じられないことを口にした。

「まあ結婚というものには興味があります。」

一緒に酒を交わしていた飲み会の場で彼は僕にそう語ってくれた。
意外な一言ではあったが、彼を10年間見てきた上で考えてみると、突拍子なことでもなかった。

彼はオナニーを極めし者。それは誰よりも頭の中で女を抱くということである。誰よりも経験豊富な彼(脳内)はカップルが憎いが女が嫌いであるというわけではない。なんならむしろ好きだ。

耳とか舐められるのが好きだ。そういう音でオナニーするのももっと好きだ。
彼の音楽プレイヤーにはそういう系の ASMR が ギガバイトのボリュームで収録されている。この間僕の車に乗った時、耳元で囁いてくれる ASMR が大量に入った音楽プレイヤーを車内に落としかなり焦って探していた。
大切な音楽プレイヤーだから必死に探していた。のかと思いきや発見者に中身を聞かれたら自殺ものだと慌てたらしい。
いっそ爆音で流しながら合流して欲しかった。次回からはスピーカーを使用していただきたい。


話を元に戻そう。彼は結婚に興味があるらしい。

しかしその言い方だと決して積極的に結婚したいわけではなく、まあ彼女もできたらいいな、なんなら変態プレイにちょっと付き合ってくれたらいいな、そういうお店に行ってみたいな、でもちょっと勇気でないな。それくらいの非常に積極的なんだか消極的なんだか分からないぐらいのレベルである。

じゃあ彼女ができるように努力しているかと言うと、別にそういうわけではなく
日々オナニーの研鑽を重ねているだけだ。
ファッションも10年前から変わらず、さすがにもう大学の忘れ物コーナーからくすねてきた帽子をかぶったりはしないが
右側が赤、左側が青のチェックのシャツと言うおしゃれなんだかなんだかわからない、キカイダーみたいなシャツを着て遊びに来ることが多い。
じゃあギターも担いで来いよ。と言いたくなるが僕にも良心回路がついているのでそれは言わないでおこう。


なので彼が結婚しても良いと言っても、彼女ができる可能性はほぼゼロに等しい。
ゼロから始める婚活生活。

そして最大の問題は彼は童貞を売りにしているということである。
童貞キャラとしてその地位を確立しているもとのんは、今更それを捨てられないのではないか。
彼女ができても童貞ですと言い続けそうな気さえする。まあ彼女ができないのでその心配はないんだけれども(断言)

何が言いたいかと言うと、今年の注意書きに「彼女ができたら即中止」という文言が消えていたということだ。
これは彼の中で彼女を作ること諦めたのか、それともすでに彼女を横にいて我々に隠しているだけなのか。
または彼女ができるという可能性すら自分で忘れていただけなのか


もし彼女ができる可能性すら忘れていたのであれば、来年はもう24時間連続オナニー更新をやってほしい。
1時間に1回オナニーして、その時使用したおかずや脳内で妄想していたシチュエーションなど詳しく書くと言うクリスマスイブにふさわしい企画を是非チャレンジしてほしい。
僕は絶対やらないけど


さてもとのくん、彼女を作ることは諦めて来年も僕といっぱい遊んでください。
そもそも、毎週僕らと男四人で遊戯王をやってる時点で彼女なんて絶対できないと思います

そしてそれをYouTube に配信しても女性受けは期待できません。
彼女を作るならもっと女性受けする趣味を作りましょう。

なんだろう、遊戯王じゃなくてポケモンカードにするとか(適当)
あとキカイダーみたいな服装はやめましょう
去年はエンタメイトペンデュラムマジシャンみたいな服装だったので少しは進化したかな。

どうしてチェック柄から離れられないんだ。オタクはチェックしか着ちゃいけない法律でもあるのか

それではこれを読んでいる皆さん来年もこのブログをよろしくお願いいたします、よろしければグッドボタンとチャンネル登録もよろしくお願いします(笑)
街中で赤と青はんぶんこの謎のチェック柄を着ながらイヤホンを耳に突っ込み恍惚の表情を浮かべている男を見かけたら暖かく見守ってあげてください

メリークリスマス&ハッピーバースデー

良いオナニーライフをお過ごしください。


ーーーーーーーーーーーー


もう本当ツッコミどころがありすぎるんですけど、まず一つ言わせてもらうなら
YouTubeで遊戯王配信してるのはそっちも一緒だからな

まぁ上記の文章、たしかに間違っている部分はあんまりないですし、大学の忘れ物ボックスの件は一体いつまで引っ張るんだという感じなんですけど、だからといってあまりにも悪意ある表現が多すぎますわ。本当にスーパー淋病に感染してほしいと切に願う。

あと、24時間連続オナニーはすでに似た企画をやったっていうか、その企画の残滓がいまのTwitterアカウントなので、すでに中国4千年が通過した道だということはわかってほしい。

というわけキャーポンさんでした。
マジで許せねえよなぁ!?(今週末も多分遊戯王します)
このエントリーをはてなブックマークに追加

何度もお伝えしている通り、腰がもうお亡くなり寸前アトモスフィアなのですが、残念なことに現状パソコンで更新するためにはベッドで寝転がりながらキーボードを叩くしかなく、腰が死ぬか更新が終わるかのマッチレースの様相を呈してきています。まさにDEATH☆GAME!

しかし、ようはベッドの上でうつ伏せになりながら顔を上げてベッド横のモニターを見ているから問題なわけで、反り返るような体勢をどうにかすれば、腰に負担が行くこともなくということになるわけです。
これで万事OKだわ(新妻SE)

で、試行錯誤でたどり着いたのがベッド上で胡座&枕の上にキーボードなんですが、これが普通にいい。なんでこんな普通の体勢に気づかなかったのか。やっぱり涅槃より胡座じゃないか、となったのです。なんでことごとく仏像の体勢に収束していくのかは私にもわかりません。
このエントリーをはてなブックマークに追加

代打ラッシュいきます!
うん。辛いんだ。言わせるんじゃない。

代打4人目はすげえ久しぶりだな!?ヒロアキ=ジョヴォヴィッチさんです!


ーーーーーーーーーー



こんにちは、もとのパイセンの後輩ヒロアキと言います!

もとのんとは実は高校の時に軽音楽部で出会いましてね!

もう毎日ケンカしまくった仲です!

音楽性の違いってやつね!



ドラムスティックで目つぶししたり、マイクケーブルで首を絞めたり、

マーシャルアンプの上でマーシャルアーツをしたり!

もうとにかく昔っから仲良しでやんしたよ!



ってなわけで、イッエェェェェェイィィィィィ!

今年もやってきたよぉぉぉぉ!

ごった煮セージの24時間更新ッ!



凄いですよねコレ、毎年やっているってんだから!

今年新任のミスター天皇が五穀豊穣(ごこくほうじょう)を祈っただのなんだので有名な!

「大嘗祭(だいじょうさい)」なんてやってましたけど!

アレってばもう30年ぶりだったって話じゃないですか!




いやいや待て待てねぇねぇ!

もとのんってば、13年も毎年毎年240時間更新をやっているわけ!

大嘗祭なんて目じゃねえぜってお話よ!

ブログ名なんて「大大大嘗祭」に改名するって、インターネッツ界のRADWIMPSであるもとのんが言ってたもん!

(右や左の方々でアクセス数アップアップガールズ作戦!)









つか、大嘗祭も13年連続やってくれてたら!

そりゃもう毎年豊作豊作でもはや耕作なんてしなくてもイイくらいの!

豊作農作になるわけで、工作でもしたの?ってくらいの豊作農作は!

色んな思惑が交錯しつつ幸作になる、まさに王の策・王策なんだけども!

そんな忙殺にも耐えられる天皇さんを捜索してほしい気持ちだわっ!









というわけで、今年も2400時間更新するもとのんのブログは!

豊作どころか盗作なしの労作ってわけ!




はい、そんではもとのんの大嘗祭ならぬ愛情祭の続きをまたご覧くださいやせ!

ハピバ、もとのーん!


ーーーーーーーーーーー


この人マジで相変わらずすぎるな……

なんだかんだでこの方の文章を読むのは7年ぶりですが、文章の癖とかオヤジギャグ連発なところとかがあまりにも昔のまま過ぎてしばし呆然としてしまいました。(フォントをどんな感じにいじってたかってブログを確認しに行った)(めちゃくちゃフォントいじり多くてビビった)

とりあえず右に左にとか人のブログで言ってるあたりこの人も火薬勢じゃねえかということを再確認できましたね……

では、ヒロアキさんでした。ありがとうございました!
このエントリーをはてなブックマークに追加

おーし!いよーしよーし!(字面でテンションを上げています)(ぐんにょり)

ここ最近、忙しさにかまけてゲームをやってないなと思って。
ここで言うゲームっていうのは、いわゆる「ゲームは一日一時間!」のゲームなんですが。

かつて高校大学時代の僕と言ったらそりゃもうゲーム漬けの毎日を送っていました。
スターオーシャン2のエンディングをすべて見ようと躍起になってストーリー10周以上繰り返したり、ポケモンの厳選を繰り返してネット対戦を何千戦としたりしました。最強のだなんて口が裂けても言えませんが、いっぱしのゲーム廃人を名乗ってもまぁ許されるだろうくらいにはゲームにのめり込んでいました。

それがいまやどうですか。パワプロのマイライフは5年目で止まっており、PS4に至っては買ってからスターオーシャン5専用機と化しています。前者はともかく後者はあまりにもったいないが過ぎるので流石に自分で書いててどうかと思う。SO5の出来を含めて。含めて。

ですが、そこまでゲームにかけられる時間が捻出できないっていうのもまたれっきとした事実なんですよねぇ、悲しいものです。これが大人になるってことなんでしょうか。
週末は時間が開けられるといえば開けられるのですが、毎週友人で集まって遊戯王の対戦会を開くのが恒例化しているので、週末は開けられないんですよね。大人になるとは一体……?
このエントリーをはてなブックマークに追加

ここで代打を投入!
この24時間更新に毎度まいどお付き合いくださっててホントお世話になりまくってます!

あなたに送る独り言はむばねさんです!

ーーーーーーー


リア充爆発しろ、という言葉がある。

……この書き出しも、今年で5年連続累計6回目である。

最初の3回程度は良かった。
天丼ネタに、それをイジったネタ。
いくらでもやりようはあった。
しかし、事ここに至ってはなかなかこの書き出しから始めるのも辛いものがある。
だが、ここまで続けてしまったからには今更やめられない、という謎の意地のようなものがあって今年もこの書き出しにしてしまった。
某京オリンピッなんちゃらなども、結局はこういうことなのかもしれない。

これ以上は謎の勢力に怒られる可能性が微レ存なので、ちょっと話を元に戻すが。
私がまだ駆け出しのプリキュアだった頃………………と、ネタをパクりそうになるくらいには書くことがない。
これが、リア充への憎悪が胸に燻っているようならまだ何かしら書きようもあるのだが。
残念ながらそうではないというか、なんだったらそのネタも既に何回かこの代打原稿で使用している。

時期的にM-1の直後なので、自ブログに書くのは躊躇するような罵詈雑言でも並べてやろうかとも思っていたのだけれども。
今年のM-1は何とも綺麗に終わってしまった感があって、それも出来ず困ったものである。
具体的に言うと今年の志らく師匠はまさしく『師匠』と呼ぶべき非常に的確なコメントをなさっており、逆に去年は何だったと言うのか。というか志らく師匠の分までと言わんばかりに上沼相談員が荒ぶっていたわけだが、今年の上沼相談員は志らく師匠と一旦融合した後に悪の心だけが分離されたピッコロ大魔王的な存在だったのだろうか。

………………。
…………。
……。
……っていうやつなんですけどもね。
これは、まぁ賛否両論かと思いますけども。
あ、現場からは以上でーす(結局パクった上に無理矢理の締め


ーーーーーーー



この人結局M-1の話しかしてねえ……


え、マジ?マジで?
こんだけしかもらった原稿には書いていなかったです。計画的犯行と言わざるを得ません。

もしくは本当にネタがなくてなくてなさすぎただけなのか。
マジかよそんなの強く言えないじゃん。(毎年付き合わせてるから)

という感じで、はむばねさんでした。



(元)妹とのハイテンションラブコメ
異世界からJK転生した元妹が、超グイグイくる。11/30発売中!

ジャンプ人気作品のノベライズ!
ぼく達は勉強ができない2巻は12/4発売予定!

みんな両方買ってくれよな!




このエントリーをはてなブックマークに追加

どうして更新時間を過ぎてからネタを考え始めるんですか?(現場猫)

近所に電飾を派手に飾り付けるお宅があって、通りすがるごとに精神ダメージを与えてくる毒の沼地と化しているんですが、最近そこに短冊くくりつけられているのを見つけまして。
いや七夕じゃねえよ。
そんな感じで若干呆れつつ、いけないと思いつつもその短冊を見てみたんですが。

「サンタさん ポケモンをください」
(小学生の字)

許すわ。

こんなん許すでしょ。ただ30代独身男性である僕がダメージを受けてるだけなんでね。許すよ(死)
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ