2014クリスマス連続更新

2014年12月24日

はーじまーるよー

クソかよ。(挨拶)


はいはーい!という訳で今年もやっていきますよ連続更新!

明日の事なんか考えず、ただ淡々とパッションという名の毒を垂れ流していくよ!
今の俺は阿修羅すら凌駕する存在だ…!
カップルとか滅ぶのとかは別にもういいからとっとと子供作って日本の出生率上げてこいや!



ただ、途中でご飯休憩とかお風呂休憩とかを適宜挟みつつ、な感じになりそうです、残念ながら。

言うて、定時ダッシュに見事に失敗したもとのさんなのでね。
今の19:30時点で家に着いて真っ先にパソコン点けてこの記事書いてますから。
スーツすら脱ぎ終わってないから。

とまぁそんなわけで、例年に比べるとまったりした感じで怨嗟をつぶやき続ける更新になると思いますので、しばしのほど、お付き合いくださいませ。
ていうか冷静に考えるとまったりと怨嗟をつぶやくってなかなかのなかなかだね。

kannbaramotono at 19:32|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

夕餉って漢字こう書くの初めて知った

さて、クリスマスといえばチキンという風潮がございます。七面鳥?なんのこったよ。

そんなファッキンロマンティック浮かれモードな雰囲気を前提に、先ほどコンビニで買ってきたもとのさんの晩御飯をご覧ください。





 DSC_0007




……この、なんつうの?自分から退路を断っていく感じ。

いや、このお弁当を買ったのは本当に指運で適当にセレクトしただけであって、決してクリスマスだからチキン買わなきゃ(使命感)っていうアレが働いたわけではなくてくっそどんどん言い訳がドツボにはまってる。


……敵にカツ、みたいなね。(ダジャレに逃げました)

kannbaramotono at 19:40|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

ささいな事に反応する鋭敏な感性

弁当に箸がついてこなかったのでもうクリスマス終了でいいよ。

kannbaramotono at 19:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

ぬくもりあ

Twitterの流れみててふと思ったんですけど、オフパコしたいなぁって。


※オフパコとは? 
Twitterなどで明らかにかまって欲しいオーラを言葉尻から醸し出している女性に対して果敢にアタックを行い、見事二人きりで会う事に成功した暁に待つ沼地のことらしいです。


ネットの人格のほうがリアル生活よりちょっとだけ大事との噂が絶えないもとのさんですから、そりゃリアルでのナンパ以上にそういう人に絡んでいくのなんて難易度クソ高ですよ。
でもさ!でもさ!やっぱりそういうのに対する憧れみたいのって当然あるわけじゃないですか!そりゃあるよ男の子だもん!

こう、なんていうかさ、普段はアウトロー気取ってリア充死ねよとか言いつつも、一人は寂しい、優しく包まれたいという欲求には抗えないというかさ。
やっぱりふと物悲しい、寒さみたいのを感じる瞬間っていうのは、上記のフォント+5ボールドで言ったようなこともつい口に出してしまうんだなぁって。








まぁ、その欲求を満たすなら布団でいいんですけどね。 

kannbaramotono at 20:04|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

平社員はゆーうつ

ちなみに、どうでもいい情報かもしれませんが一応開示しておきますと、今日は随分前から社長が飲みに誘ってきてた日だったんですが、まぁ普通に断りましたよね。

補足しますと、誘ってきてる方もあんまり期待してはなかったとは思うんですが、どちらかと言うと「用事あるんで」と言って僕が断った隣で女性の先輩+病気で具合が見たまま悪そうな同輩が社長のもとに向かっていたので、どちらかと言えばそちらのケアの方がやばそうかなーって。えっと、マジでどうしよう今になって超心配になってきた。

kannbaramotono at 20:27|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

代打日記おひとりめ

はい、というわけでもとのさんの会社での立場が更に一歩悪くなった事実を再認識したところで、代打日記言ってみましょうか!

今年は順番をどうしようとか考えるのめんどいんで送ってきて頂いた順番に公開していくことにします!

まずは一番バッター、いつもお世話になっております。
[Y22y] ヨシミ22歳の遺言のヨシミ22歳さんです!


----
こんばんは! よっきゅんよ!
…。
 
いや、知っているんですけれどもね。ヨシミ22歳もすでに過去の人。もう、誰も知らないんじゃないかと思います…。いや、すでに最初から知られていなかったんじゃないかと思います…。
最近は、わりとこう、なんて言うんでしょうかねえ…。ネットで一躍スターダムにのし上がった後に私に手のひら返し、という人があまりにも多くて多くて、本当に困っているところであります。もう二度と愛知県の地に足を踏み入れることは無いのでしょう。誰が行くかあんなところ。

とまあ、私怨の自己紹介はこのくらいにして、本題に入っていこうと思いますけれどもねえ。
んー…。
そうですねえ…。今、私のサイトではこんな企画をやっています。

http://y22y.sblo.jp/article/106421907.html

「2015年1月、ヨシミと中の人のところに届く年賀状に
差出人の子供の写真が含まれたものは[   ]通来る」
[   ]を、適切な0を含む自然数で埋めてください。

こんな感じの企画なんですけれどもね。ピーンと来た方は応募してみて下さいね! でも、本稿執筆時点でまだ賞品が決まっていないという…。どうしましょうかね…。「将門煎餅」でもいいような気がしますけれども、うーん。
将門煎餅、先日もとのさんから利益供与を受けましたけれども、すぎょい美味しかったですよ! びっくり!


kokuou4
↑くっそ美味いです(もとの)

…とまあ、そんな感じで…。
そうですね。ヨシミも不人気企画のテコ入れをして行けばいいんですかねえ…。
えっとね、こちら。

http://y22c.sblo.jp/article/104181011.html

ヨシミがまとめた電子書籍なんですけれどもねえ。インターネット黎明期の何でもあり感、そしてその頃の下々の人々が感じていた些細な物語のようなものが、事実として、年表形式で書かれています。PDFファイルなので、無料配布が可能になりました。初版なんか同人誌だったので、重いし、かさばるし、印刷費はバカみたいに掛かるし、どうにもこうにもでしたよ!
 
そんな感じで、第三版のヨシミ年表は1645ページという狂気のような分量になったことをお詫びします…。
一時は「これはライフワークだ!」と思いながら書いていたのですが、無料配布なのに不人気っぷりにがっくりして、今は手が止まっているところです。どうにもこうにも。
上記ブログの指示に従ってダウンロードの後、パスワードを請求して下さいね。お待ちしています!

そんな感じで…。
もとのさんはけっこうなナイスガイなんですけれども、うーん…。
ヨシミの中の人よりはモテると思います。確実に。
 
それでも、中の人はそろそろ結婚出来ていなくてまずいことになる年齢になっておりますので、皆様の強いお力添えをひとえによろしくお願い申し上げる所存であります。
それじゃ、黄昏。 
----




見事な宣伝だと思うがどこもおかしくはないな!
というわけで、日頃お世話になっております、ヨシミさんでした。

直接やりとりするようになったのはここ数年ですが、もとのさんが一方的に読者だった頃から数えるともう10年得以上も(一方的に)知ってるお方なんですよね。人の縁とはわからんもんです。

ちなみに文中に出てきた将門煎餅ですが、本っっっっっ当に美味しいおせんべいなので、面倒と思わず通販してみてはいかがでしょうか。マジで茨城県南のお土産はこれで間違いないっていうくらいのレベルですから。

kannbaramotono at 20:49|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

となりの山田くん

早くも眠気が鎌首をもたげつつあります。
いや、正直まだ余裕なんですけど、脳みそが休み始めてるっていう実感?みたいな?

で、その原因は何かというと、昨日よく眠れなかったことが原因で。
夜中の3時ごろまで眠れなかったんですよ。

……眠れなかったというのも、ただ単に遠足前の小学生ライクな興奮があったわけではなくて、ちょうどその日、隣の大学生が女連れ込んでキャッキャしてたのが聞こえてきたんで、色んな黒い感情がない混ぜになった結果そんな感じになっておりました。神はいない。










覗けばよかった。(最中の声は聞こえてこなかったんでやってないのかもしれませんが) 

kannbaramotono at 21:06|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

リアルゴールドがいい具合にキマってきました

ふと思うんですが、ゲイとかレズとかに代表されるセクシャルマイノリティの方々はこのクリスマスという名のお祭り騒ぎをどのように見ているんでしょうか。

ただでさえ普段からマイノリティとしているというわけですが、こんな世間が浮かれ浮かれてるという中、失礼ながら果たして普段通りでいられるのだろうか。





まぁそれぞれの彼氏彼女と一緒に色々やってて余計なお世話だよ非モテ死ねよって言われるかもしれませんし、そうしますとやっぱり今この瞬間一番惨めなのは我々非モテっていう図式は変わらない訳なんですが、うるせえよお前が死ねよ!やっぱりこの世界何かがおかしいよ!お願い助けてほむらちゃん!(CV悠木碧)

kannbaramotono at 21:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

代打日記おふたりめ

よし!そんな感じで、いよいよ性の六時間(笑)も本番という趣で、なんなら二回戦する?えー当たり前じゃーんwwwみたいな会話が繰り広げられてる予感がする(気がする)中、gdった空気を吹き飛ばしてもらうために代打お二人目いきますよ!

あなたに送る独り言のはむばねさんです!


ーーーーー

どうも、はむばねです。
 
はい、というわけでクリスマスですね。
もとのさんが今年も連続更新するということで、ちょっとキーボードを叩く事にしてみました。
社会人になって、かつ平日にこれを実行するバイタリティは尊敬に値します。
私は会社員になって身体を張る系の牙を失ってしまったわけなので、このフロンティアスピリッツはいつまでも持ち続けていただきたいところですね。
まぁ、私はもう会社員でなくなっちゃいましたけど(・ω<)
※今年の7月で会社を辞めました。

閑話休題。
 
さて、クリスマス(イブ)である。
クリスマスだけど恋人がいない、予定がない、連続更新をしなければならない、とお嘆きの皆さん。
安心していただきたい。
諸君はまだ、戻れる所にいると思っていい。
私が思うに、クリスマスに対する負のスパイラルは以下のような変遷を通ると考えている。


家族と過ごすクリスマス ←健全
女の子とクリスマスを過ごしてみたいと思うも、行動には移せない ←健全
男友達と騒いでる方が楽しいな、と女の子と過ごした経験もないのに架空の経験と比較し現状に満足し始める ←そろそろ危ない
とりあえずネットで自虐ネタ ←まだ戻れる
自虐ネタを考えるのが義務感になってくる ←危険信号
クリスマスだから何かをする、というモチベーションがなくなってくる ←末期寸前
クリスマスとハロウィンがほぼ同列のイベントになる ←手遅れ


そう、クリスマスにおける自分の境遇に嘆いている間はまだまだ健全なのである。
なぜならば、嘆くということはその現状に満足していないから。
もし貴方が本気の嘆きを感じているというならば、それは貴方の中にまだ崇高なる理想が息づいているということである。
それは捨てるべきものではなく、触れる事でその刺に痛みを感じることになろうとも、抱き続けるべきであろう。
願わくば、いつかその理想に向かって一歩踏み出していただきたい。

クリスマスを完全にネタイベントとして認識している貴方は、少しだけ危険である。
しかし、そこにはまだクリスマスを楽しもう、誰かを楽しませようという意思がある。
世間一般のマジョリティとは異なる楽しみ方ではあるかもしれないが、それは紛れも無くクリスマスを楽しもうという思いに他ならない。
誰かと「クリスマス」を共有したい、という気持ちをまだ持っているのである。
クリスマスというイベントを否定することで、結果肯定もしているのだ。


しかしその領域を越えた時、越えてしまった時、待ち受けるのは「無関心」である。
斜に構えて興味のない振りをしているわけですらもない、否定でも肯定でもない境地なのだ。
それは、たとえ浮かれたイベント事に関してであろうと、確実に世間から一歩分離れた場所なのである。それがどうしたと思われる諸氏もいようが、まぁ人間が社会的動物である以上、世間との繋がりは多い方がよろしかろう。
 
ゆえに願わくば、クリスマスネタを発信している皆様におかれては、今後とも是非その活動を継続していただきたい所存である。
どのような形であれ、クリスマスと繋がっているに越したことはない。

まぁ結局何が言いたいかって言うと、来年も代打原稿は送りますねもとのさん^^ってことですね。
 
え、ウチのブログですか?
今日(クリスマスイブ)は、自著の宣伝ですね。 
明日は、録画したTHE MANZAIを視聴(3回目)して各組の感想を書く予定です(・ω<)
この代打原稿を書いたことにより、クリスマスのリの字くらいまでは出現するかもしれません。
ーーーーー

はい、というわけで、専業ラノベ作家さんのはむばねさんでした!
ブチ切れ勇者の世界征服 2巻は1/7発売!買おうぜ!



そういえばはむばねさんと言えば、もう何回も直接お会いしてるんですけど、未だに著書にサインを貰ったことがありません。
なぜだろう。タイミングが悪かったのか。
あ、ちなみに日野さんには以前京都でお会いした時にもらいました。

 

kannbaramotono at 22:15|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

おでん買ってきた

はー、今まさにロンドン級重巡洋艦サセックスしてる方々の乳首ぽろっと落っこちないかな~!

…自分で言っててなんだけど流石にそれはちょっとと思った。
いや、でも乳首って落ちるらしいですよ。特に、乳首の毛をT字カミソリで処理しようと思ったら(略

はい、そういうわけでね、ちょっと食べ物飲み物がなくなってきたんで、近所のコンビニまで自転車で行ってきたわけですが、そこの店長らしき男性店員にすっごく愛想よく接客されて奇妙な連帯感を覚えた話はちょっと今書いてて頭が痛くなってきたので書くのは遠慮しておきます!運が良かったな!

kannbaramotono at 22:57|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

Copyright (C) 2013 クラリセージ. All Rights Reserved.